洗練されたコンビネーションモデル


S-251T
S-251T
フロント/純チタン、α-βチタン、βチタン、チタン合金。テンプル/アセテート。芯金/純チタン。フレームカラー/ブラウンマット×センターシェードブラウン。全6色展開。価格3万6750円(税込み)。
「S-250T」シリーズの「S-251T」は、フロントにメタルを、テンプルにプラスチックを用いたコンビネーションモデル。


S-251T
智の部分に注目してほしい。リムに対してヒンジの先端が3軸ロウ付けされているのがわかる。これは一般的なロウ付けよりも耐久性に優れている。
フロントのブリッジは細いシングルだが、しっかりロウ付けされており頑強に仕上がっている。

逆Rヒンジもまた、表面、側面、裏面にかけて3軸ロウ付けされているのが特徴だ。


フィット感が得られるメタルスタンダード


S-260T
S-260T
フロント/純チタン、α-βチタン、βチタン、チタン合金。テンプル/βチタン。モダン/アセテート。フレームカラー/ガンメタリック。全5色展開。価格3万6750円(税込み)。
「S-260T」はツーブリッジのメタルフレームだ。

下のブリッジはリムの裏面、側面を、上のバーは表面をロウ付けすることで、フロントにかかる力を吸収するハリをもたせている。


S-260T
S-260Tの逆Rヒンジ。もっともスタンダードなモデルだけに、完成された美しさを随所に感じさせてくれる。繊細なデザインでありながら、耐久性と復元性を備えている。
逆Rヒンジは「S-251T」と少し異なる形状だ。ガンメタリックカラーが落ち着いた雰囲気を醸し出す。


ノーズパット
複雑なカットが施された曲面パットになっているため、あらゆる顔の形状にフィットしやすいのが特徴だ。他にも数種類のノーズパットが用意されている。
これらの機能性だけでなく、ちょっとした遊び心もある。たとえばノーズパットの蝶芯には“亀”が付いている。

じつはコレ、デザイナーの三瓶哲男氏の瓶=亀をもじった洒落なのである。

ちなみにこの曲面パットはあらゆる角度にフィットするように設計されている。


これが新作の4シリーズである。フォーナインズは掛け心地がよい眼鏡作りを追求しているが、機能性を前面におしだすような下品さはない。洗練されたデザイン力で、うまく覆っているのである。

フォーナインズの問い合わせ先
フォーナインズ
東京都世田谷区成城 6-4-16
TEL 03-5429-7049
http://www.fournines.co.jp/
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。