東洋美術、日本美術の名品が集まる根津美術館

2009年10月、表参道にある根津美術館が約3年半ぶりに新創開館しました。

2万平方メートルもの広大な敷地を誇る根津美術館は、華やかなショップが並ぶ表参道において、ゆったりとした気分になれるオススメの場所。展示施設だけでなく、全ての施設がパワーアップ。気になる中身をご紹介します。
根津美術館undefined外観undefined(c)藤塚光政

大きな屋根が目印 根津美術館 外観 写真:藤塚光政

根津美術館はその名の通り根津さんが開いた美術館。東武鉄道などの経営に携わった初代・根津嘉一郎氏(1860~1940)が熱心に蒐集した古美術品を広く一般の方に公開するため、1941年、南青山の根津邸敷地内に開かれました。

国内外から多くの人々が訪れる人気の美術館でしたが、年月を経て各施設が老朽化。改築のため休館することとなったのが、2006年のこと。その間に庭園の再整備も進められ、2009年10月に満を持してのリニューアルオープンとなりました。改築前の2倍の広さ(4000平方メートル)の展示施設に加え、庭園、カフェなどお楽しみどころは満載。

国宝7件、重要文化財87件をはじめ、約7400件の美術品を所蔵する根津美術館は、いつ訪れても名品を観賞することができます。その中でも必見の作品をご紹介します。