想像以上の“豪快さ”とより洗練された“速さ”

BMW Z4
ギアシフト、アクセル、ステアリング特性を変化させることでノーマル、スポーツ、スポーツ+という3モードが選択できるダイナミックドライビングコントロール(DDC)を装備。スポーツ+ではスリップやスライドが一定限度まで許容されるためドリフトも可能になる

結論を先に言うと、その走りっぷりは想像以上に“豪快”の一言だった。と同時に、従来型と比べるとかなり洗練度アップした“速さ”であったことが印象に残った。

DDCをスポーツ+にセットして走れば、背中のすぐ後ろから蹴飛ばされるような加速をみせる。オープン中ならば、耳に聞こえるサウンドもかなり豪快。特に4500回転からのエンジンフィールはノリノリで、いかにも“エンジンのBMW”らしく気持ちいい。

クルマの動きは、ダイレクトかつシャープ、それでいて手応えがいいもの。サーキットに持ち込みたくなるほどの運動神経の持ち主だ。

洗練されている、と言ったわけは、そんな迫力満点の走りにあって、いささかも乱暴な印象をもたなかったからだ。引き締められたアシとステアリングの一挙一足が、非常に質感高く伝わってきて心地いい。

逆にいえば、従来型のようなきびきび軽快に鋭く走る、言わばライトウェイトスポーツカー的な性格は薄まった。そんな走りが好みの人は、中古相場の安い先代モデルを狙ってみるといい。

DDCをノーマルモードにして走れば、突き上げもマイルドになって、硬めだが乗り心地はかなりいい。最新のM3や7シリーズと同じテイストにある。

Z4は、オープンモータリングも楽しめる、オトナのGTカーになったと言えそうだ。

BMW Z4
シート表皮には直射日光による温度上昇を抑えるため、赤外線を反射する加工を施したレザーを採用する。切り替えなどよく使われる機能のスイッチ(ダイレクトセレクションボタン)を周囲に配置し使い勝手が向上した新しいiドライブも採用された
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。