伝統のボクサーエンジンを脈々と受け継ぎ、そのトラディショナルかつベーシックなデザインと優れた走りで人気を集めているBWMの基本型がR1200R。今回はさらなる進化を遂げた、フラットツインシリーズの新生ネイキッドモデルの魅力をご紹介します。

伝統と最新技術を融合したスタンダード・ネイキッド

R1200R
「オートバイらしさ」と「BMWらしさ」が伝わってくる外見

カウル類を装備せず、ボクサーエンジン搭載のフラットツインシリーズのなかでもっともシンプルでベーシックなモデル、それがR1200Rです。BMWの伝統を感じさせる外観は、あくまでスタンダードながらも現代的でスタイリッシュなフォルム。シックなカラーリングも相まって、派手さはなくとも落ち着いた大人の雰囲気を漂わせる一台となっています。前モデルであるR1150Rと比べて約20kgも軽量化されたのにもかかわらず、エンジン性能はアップ。日常での取り回しにも最適なサイズと車体重量が魅力で、スポーツ走行からツーリングまでバランスの取れたライディングを楽しむことができる、幅広い年齢層にオススメのモデルです。

シート高は800mmの標準仕様と770mmのローダウン仕様の2タイプ。写真はローダウン仕様のもので、足着き性がよく取り回しの不安を解消してくれます。小柄な方や大型バイク初心者にオススメです。

独自の車体構成で高い安定性を実現

 R1200R
進化したボクサーエンジンも車体の低重心化に貢献
それでは、次に基本的な構造を見ていきましょう。ほどよいサイズと扱いやすい車体重量に加えて、R1200Rの取り回しやすさをさらにアップしているのが独自のサスペンションシステムである「テレレバー」や「パラレバー」がもたらす安定性です。フロントサスの「テレレバー」には、減速Gによる前のめりを抑制し、ライダーの姿勢変化を最小限にする働きがあります。またリヤサスの「パラレバー」はシャフトドライブのトルクリアクション(スロットルを開け閉めするときに起こる揺れ)を効果的に打ち消す働きがあり、こちらも発進時、加速時などの車体の安定性に大きく貢献しています。

さらに、進化したボクサーエンジンの高出力・高トルクをサポートするため、エンジン前部にオイルクーラーを設けました。空油冷のボクサーエンジンを効率よく冷却し、快適なライディングを実現してくれます。ブレーキは定評ある前後連動のインテグラルABS。これらの車体構成が、R1200Rの安全で安心感あふれる走りにつながっているのです。

>>次のページでは、さらに進化したボクサーエンジンについてお話しします。>>