今年春に発売されたばかりの「BMW F650GS」は、「F800S/ST」と同じパワーユニットを搭載した、まったくのニューモデルです。今回は、より扱いやすく開発された最新モデルを詳しくご紹介します。

スリム&コンパクトな「F650GS」

今年春に発売された「BMW F650GS」は、幅広いユーザーをターゲットにしたF650 シリーズの最新型。ネーミングやスタイリングは先代F650GSを受け継ぎながらも、まったく新しく設計されたニューモデルです。同じGSシリーズである「R1200GS」に比べてスリム&軽量・コンパクトなボディは、「1200はちょっと重すぎて……」というビギナーや女性ライダーにも扱いやすく、身近に楽しめるマルチパーパスバイクです。

個性的なスタイリングにも定評のあるF650GS
個性的なスタイリングにも定評のあるF650GS

650なのに排気量は798cc!

驚くべきは、「BMW F650GS」というネーミングでありながら、排気量は798ccであること! 水冷4ストローク並列2気筒DOHC4バルブエンジンという「F800S/ST('07年発売)」と同じパワーユニットを搭載した兄弟モデルなのです。しかし、決してF800S/STの派生モデルではなく、車体は完全に新設計されたものとなっています。

800と同じ水冷パラレルツインエンジン
800と同じ水冷パラレルツインエンジン
出力は71psとF800S/STより14ps抑えてありますが、その分スタートや極低速での粘りがあり、ビギナーでも安心。街乗りを意識した滑らかな走行性能を実現しました。とはいえ、先代のF650GSより21psもパワーアップしているので、R1200GSにも匹敵する力強いパフォーマンスを見せてくれます。

>>次ページはボディのスタイリングとそのほかの機能の紹介>>