バイク/ツーリングスポット

西伊豆の定番ルートを走ろう(2ページ目)

海岸線をトレースする快感がこたえられない西伊豆のツーリングを紹介。西伊豆は海だけではなく山の清々しさを味わえるルートにも恵まれています。今回は走ることに重点を置き、定番ルートを提案します。

執筆者:埜邑 博道

マーガレットラインで海岸線をトレースしよう

入り組んだ海岸線
入り組んだ海岸線をトレースするのはこたえられない快感だ
ここからは、海岸線に沿った道を思う存分走っていきましょう。入り組んだ海岸線が美しい風景を作り出していて、道はその断崖上をトレースしていきます。西伊豆町の隣り、松崎町から国道136号線を南下していきます。

国道136号線は、松崎町の雲見と南伊豆町子浦までの通称「マーガレットライン」。国道ですがメインルートから外れているので、意外と交通量が少なく走りやすいのが特徴です。ただ、断崖上を行く道はタイトなカーブが続くので、気が抜けない危うさがあります。しかし、逆にそれが良い緊張感を生み出してもくれます。

夏限定の自然の湯
夏限定の自然の湯で、身も心もリフレッシュしようす
マーガレットラインでぜひ立ち寄って欲しいスポットが、「雲見温泉露天風呂」です。湯温が低いので夏場だけ利用可能な温泉で、晴れていると海の向こうの富士山を眺めながらの入浴が可能。汗を流しにぜひどうぞ!


最高の夕日を探して戸田の港へ

画像名称
夕日を浴びながら海岸線に沿って走るのも趣あってなかなかだ
夕日の美しさが一段と見事なのも伊豆の特徴。マーガレットラインで走りを堪能した後、引き返して西伊豆町へ戻り、さらに土肥を目指します。そこからは全長約9kmのシーサイド・ロード。戸田の港に向かいましょう。入り組んだリアス式の海岸線を持つ西伊豆は、小さな湾にいくつもの漁港が点在しているのが特徴。戸田の港もそのひとつです。観光地として開発が早くに進んだ東伊豆と比べて、昔ながらの素朴な風情を味わうことが出来ます。

伊豆の海に沈む太陽
海に沈む太陽をのんびりながめる時間も貴重な経験
戸田の港にはのんびりと釣り糸を垂らす釣り人がいたり、ゆったりとした時間が流れています。岸壁の片隅に腰を下ろし、海に沈む太陽をのんびりながめるだけでも、きっと他のものには変えられない貴重な経験をした気分になることでしょう!


西伊豆の定番ルートを紹介しましたが、いかがでしたか?ちょっと欲張りすぎたかもしれませんが、やはりそれだけ走りたい! と思わせる魅力を西伊豆は持っています。もちろん、伊豆は海の幸の宝庫でもあるので、ツーリングに行った際は戸田の高足カニなど新鮮な魚介類もぜひご賞味下さいね。

西伊豆ツーリングmap
伊豆スカイライン、西伊豆スカイラインから仁科峠を下ってマーガレットラインというのが今回のおおまかなルートです。マーガレットラインを走る際に立ち寄って欲しい雲見露天温泉は反対車線の内側でコーナーの途中にあるので気がつかずに通り過ぎてしまいがち。温泉街でUターンするのが確実




※本ガイドサイトに掲載されている文章・画像写真などのガイドサイト上の著作物を無断で複製することを禁じます。ガイドサイト上の著作物の著作権は株式会社エイ出版社に帰属します。
【編集部おすすめの購入サイト】
楽天市場で人気のカー・バイク用品を見るAmazon で人気のカー・バイク用品を見る
【編集部からのお知らせ】
・「20代男性俳優」について、アンケート(2024/5/31まで)を実施中です!(目安所要時間5分)

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※回答上限に達し次第、予定より早く回答を締め切る場合があります
  • 前のページへ
  • 1
  • 2
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます