タイムドメイン理論採用のトレードインスピーカー登場

もうひとつ紹介しておきたいのがイクリプスのスピーカーTDX1700(57,750円)。純正スピーカーと簡単に入れ替え可能なトレードインタイプの17センチセパレート2ウェイスピーカーで、様々な車種に対応する。マイカーに適合するか気になる方は車種別適合ジャストフィットガイドを参照のこと。
//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/1/9/4/5/8/0/07.jpg
TDX1700は17センチセパレート2ウェイシステム。大型のクロスオーバーネットワークを付属
このスピーカーの特徴はタイムドメイン理論に基づいた設計であることだ。タイムドメイン理論とは、音を周波数領域だけで捉えず、時間軸で捉えるという理論。周波数特性が整っているスピーカーでも、時間領域にズレが生じると原音の忠実性が失われるので、時間軸によって変化する音の形を正しく再生しようというものだ。

二重構造のフレームで振動の伝達を抑制

イクリプスでは、このタイムドメイン理論を採用したホーム用スピーカーを発売し、海外では高い評価を得てきた。またカー用でも高級カーオーディオ「サウンドモニター」シリーズのスピーカーを数年前に発売し、昨年は5.1chサラウンド用のセンタースピーカーTDX700C(26,250円)、サテライトスピーカーのTDX700S(34,650円)、サブウーファーのTDX700W(58,800円)を発売。そして今回、トレードインタイプのフロント用スピーカーを発表し、カー用タイムドメインスピーカーのラインアップが一通りそろったというわけだ。

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/1/9/4/5/8/0/08.jpg
二重構造のフレームで振動を抑制
ところで、タイムドメイン理論は、音が出るポイントが動かないことが重要。そのため、センタースピーカーやサテライトスピーカーではアンカーによってマグネットを固定したり、サブウーファーは背を向けあった2コのユニットの背面をボルトでつなげお互いの振動をキャンセルしあう構造を採っているのだが、TDX1700はウーファーのフレームを二重構造にして、ドアパネルとスピーカーが直接接触しないフローティング構造を採用した。これにより、スピーカーの振動がドアパネルに伝わることを抑え、スピーカーのエネルギーによってドアパネル自体が前後に動くことが抑えられるため、スピーカー本来の音が正確に伝わりやすいというわけだ。

TDX1700搭載のデモカーを試聴インプレッション

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/1/9/4/5/8/0/09.jpg
デモカーにはアウターバッフルでインストール。ドアのデッドニングも強力にしていた
ウーファーの振動板は、新素材テクノーラとPEN(ポリエチレンナフタレート)の複合素材。トゥイーターは4センチの大口径ソフトドーム型だ。このスピーカーを搭載したデモカーの音を聴いてみたが、音の立ち上がりの速さが印象的。また、ドラムのアタック音の後の余韻がきれいに聞こえるのにも驚きだ。総じて、レスポンスが良くキレのいい音で、音場感も豊か。トランクにサブウーファーのTDX700Wも搭載していたのだが、こちらの低音も歯切れが良く、ベースの音階をしっかりと再現してくれる。解像度が高く、見通しのいい音だ。

このデモカーの場合、スピーカーがアウターバッフルで取り付けられ、しかもドア自体の重量が相当なものだったので、強力にデッドニングされていると想像できる。したがって、普通にトレードインした場合に、同じような音が得られるかはわからない。たぶん、ある程度はデッドニングにコストをかけないと、同じような音にはならないとだろう。しかし、かなりのポテンシャルを持つのは事実。50,000~60,000円クラスのスピーカーをお探しの人は、一度ショップ等で試聴してみることをおすすめしたい。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。