前回に続き、ソニーの最新PND、NV-U3Cのインプレッションを。今回は、案内機能と検索機能である。まずは案内機能だが、ひとまず画面を見ていただくのが手っ取り早いと思う。

一般道の案内表示は?

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/1/9/4/5/7/3/01.jpg
主要道が交わる交差点では看板案内も

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/1/9/4/5/7/3/02.jpg
交差点拡大図は交差点名も表示。音声でも交差点名を案内
//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/1/9/4/5/7/3/03.jpg
3D交差点案内が表示される交差点もある
一般道の案内はまず、次の交差点までの距離と曲がる方向を示し、交差点に近づくと交差点拡大図が現れる。また主要道が交差する交差点では、事前に方面看板案内が登場する箇所もある。このように案内がきめ細かいので、とてもわかりやすい。

3.5インチクラスのナビの場合、画面をフルに使って交差点拡大を表示するモデルも多いのだが、NV-U3Cは看板表示や交差点拡大図が現れている最中、その左のスペースに地図を表示する。この地図があるかないかで、安心感は大きく違う。もちろん地図が残っていた方が、安心できるのはいうまでもない。

次ページは高速道路の案内