伝えること


どんなに高級な素材を使っても、どんなに匠が作り込んでも、どんなにその裏にストーリーがあっても、それを人々に伝えなければ、それはなかったこと。ヨーロッパのメーカーは、その辺は実に巧く宣伝広報し人々に伝え、ブランドイメージを構築している。

私がメーカーのデザイナーやエンジニアから直接見聞きしたもので、このオールアバウト以外のサイトや雑誌などでは見られない、日本の高級車のストーリーも実は多い。たとえば「フィルムが巻かれ光沢を出している」センターコンソールの木目を持つ欧州の高級車に対して、「52もの工程を経て塗装、研磨して仕上げられる木目」を持つ日本の高級車。たとえば「後からシボをつけ」使用される本革を持つ欧州の高級車に対して、「100枚中3枚を厳選し、シボもつけずにそのまま」使用される日本の高級車がある。いったいどちらが高級なのだろうか?

ボディサイドから流れてきた空気を綺麗に切り離し、リアに回りこみ乱流を起こさないようにするための、テールランプコーナーの「エアーキック」と呼ばれる凸面。これもレクサスのストーリーの一つとして、語り継がれるのだろうか?

「以心伝心」「謙遜は美徳」などのある日本の文化だが、やはりこれからはその日本の高級車のストーリーを、人々に伝えていかなければいけない。

(写真・文 松本明彦)

<関連リンク>
・レクサスIS


■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。