ベンツが逆立ちしても作れない

RX450h
ハイブリッド車であるRX450hには様々な専用の装備が採用される。LEDヘッドランプや19インチアルミホイールなどがその一部だ

一般的に不景気の我が国ながら、あまり困っていない人だって少なくないと思う。使える人にドンドン使って頂かないと世の中お金は回りません。かといって輸入車などば~んと買おうものなら、やっぱり反感を買います。そんな人にすすめたいのが、目立たないハイブリッドのレクサスRX450hである。

このクルマ、価格は570万円と決して安くないものの、使われている技術レベルを見ると世界最先端と言ってよかろう。ベンツでさえ逆立ちしたってRX450hのようなクルマを作れませんから。何より凄いのは実用燃費。普通に走っても、普通の2リッターセダンより燃費がいいのだ。

RX450h
V6 3.5アトキンサンサイクルエンジンにハイブリッドシステム+E-Fourを搭載し、4.5リッター並みのパワーと2リッターセダン以上の燃費を手に入れた

もう少し具体的に数字を出してみよう。東京都内の渋滞路を走ったと考えて欲しい。RX450hと同等の動力性能を持つライバル(おおよそ4.5リッター級のエンジンを搭載するモデル)の場合、頑張って6km/L。RX450hで何日か走ってみたところ、全く燃費を気にしないで10km/L前後。

交通の流れを乱さないペース(後続車のイライラを買わないで済む速さ)で燃費に注意した走りをしてみたら13km/L前後まで伸びた。ディーゼルエンジンを搭載する旧世代のモデルで丁寧に走っても10km/Lに届かない。街中の燃費は1.5リッターセダンと同じくらいだと考えればよかろう。

高速道路の追い越し車線の流れに乗って走った時の燃費は13km/L前後。日産エクストレイルの2リッター車と同等である。もう少し巡航速度を落としてやると、15km/Lも不可能じゃない。ボディサイズの割にガソリンを喰わないクルマであることは間違いありません。