明るく開放的でリラックスできるMPV

3列目使用時のラゲッジスペースは、決して広くはない。

しかし2列目も畳むと最大奥行き2.06m、1951Lまで拡がる。

3列目も使用した状態のラゲッジスペースは、そんなに広くはない。たとえば56×41×20cmの大型のカメラバッグ ライトウェア1420を入れたのなら、小さめのバッグがもう一つ入るくらいだろうか?しかし3列目を畳めば奥行き1.03m、576L、2列目も畳むと最大奥行き2.06m、1951Lまで拡がる。

クルマの後ろにスペースがなくても、ガラスハッチを開ければ、小さな荷物なら積み降ろしができる。

またシンプルなダッシュボードのデザインが生み出す、3つのグローブボックスとペットボトルも冷やせるセンター下のクールボックス。フロントセンタートレイ、2列目フロア収納ボックス、ラゲッジスペースフロア下の収納スペースなど、小物の収納スペースも多い。

ダッシュボードセンター下のクールボックスは、容量5.4L。たとえば1.5L 1本と0.5L 2本のペットボトルが収納できる。エアアウトレット中央には、ほのかな香りを送るフレグランス・エアフレッシュナーをセットできる。

リア・エアサスペンションは、シトロエンらしい快適な乗り心地を提供する。静粛性も高い。VISIOSPACE(ビジオスペース)コンセプトが生み出す、抜群の視界と明るさ、圧倒的な開放感。香りを提供するエア・フレッシュナーの装備や明るいインテリア。移動と言うよりピクニックを連想させる雰囲気。全てが明るく開放的でリラックスできるMPVが、シトロエン C4 ピカソなのだ。

フロントフェンダーに書かれる「Picasso」は、ピカソの直筆サインから取られた。

(写真・文 松本明彦)

<関連リンク>
・シトロエン C4 ピカソ
・シトロエン C4 ピカソ スペシャルサイト
・シトロエンの情報

※記事の更新や、本文では書けない「ステイタスカー」の内緒話やこぼれ話、情報を掲載したコラムを、無料ガイドメルマガにてお知らせします。
ご登録はこちらからどうぞ。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。