三菱からデビューした新しいコンパクトカーのコルトは、これまでとは少し違った買い方をするクルマである。というのは、カスタマー・フリー・チョイス(CFC)という新システムが採用されているからだ。お客さんが自由に選べるCFCのシステムは、逆にいえば、ユーザー自身が自分のクルマをどんな仕様に仕上げて乗るか、しっかり考えて決めなければならないことになる。もちろんセールスマンと相談しながら選べばいいのだが、これまでのクルマに比べて、選び方が少し難しいクルマということもできる。

オプションでベンチシート(左)を選ぶことも可能
実は、過去にもCFCと似たシステムが採用された例があり、初代のだるまセリカや、井上陽水がCMに出ていた初代セフィーロなどが、ユーザーの選択肢を広げるシステムを採用していたことがある。当時は、まだ時代が早かったためか、いずれもあまり成功せずに終わっている。コルトではそうした事例も研究した上で採用しているのだろうから、新しい時代の新しいクルマ選びとして、ユーザーの間に浸透していく可能性も高い。

まず最初に選ぶのは基本のバージョンだ。1300ccエンジンの搭載車はスタンダードをベースにカジュアルとエレガンスのバージョンが設定され、1500ccエンジンの搭載車もスタンダードをベースにスポーツとスポーツXが設定されている。最初に排気量を選んで、その後でバージョンを選ぶことなるのだが、今のご時世では1300cc車が中心になるのは間違いないところである。

1300ccと1500ccの両方に用意されるスタンダードは、いわばすっぴん状態の仕様であり、これだとさすがに装備が貧弱である。価格は1300cc車が104.3万円でフィットのYよりも安く、1500cc車は116.3万円だからフィットのA(1300cc)並みの設定である。スタンダードの仕様でも良ければかなり安く買えるが、装備が貧弱すぎると飽きがくるのも早い。好みに応じてカジュアルまたはエレガンスのどちらかを選ぶのが正解だろう。

1300ccのカジュアルバージョンの価格は114.5万円で、エレガンスバージョンはと129.0万円に設定されている。フィットのAが112.0万円、Wが124.0万円であることを考えると、売れ筋になりそうなグレード同士の表面的な価格ではコルトのほうがやや高い。これは装備や仕様の差を含めてしっかり検討する必要があるだろう。むしろデミオとの比較のほうがより接近していて、デミオの1.3カジュアルはコルトのカジュアルバージョンと同価格の114.5万円、1.3コージーはわずか5000円の違いとなる123.5万円の設定だ。これを見ると、コルトの価格はフィットを意識したというよりデミオを意識したものといえる。まあ、デミオの価格はフィットを意識して設定されたものだから、コルトはデミオもフィットも意識しているのは間違いない。

1500cc車はスポーツバージョンが143.0万円で、スポーツXバージョンが149.5万円の設定。これもフィットの138.0万円に比べるとかなり高く、デミオのスポルトが153.5万円であるのに比べるとやや安い設定。いずれにしてもこの3車種は、値引きを含めて競合することになる。