重い空気がただようピットから、ふたたび2CVのステアリングを握って飛び出したのは16時30分ごろ。エンジンの吹けもブレーキの効きもタイヤのグリップも、さらによくなっている。今年の12耐は荒れ気味で、またもセーフティカーが入ったりしたけれど、1回目よりさらにいいタイムが出せた。何周かに一度だけ訪れる、誰もいない中速コーナーをクリアしていくときの気持ちよさは、今でも忘れられない。あの2CVが4輪ドリフトするのだから。ところが調子に乗って飛ばしていたら、駆動系から不吉な振動が……。



チーム監督に状況は伝えたが、ゴールまであと2時間半だからだいじょうぶだろうと楽観視していた。ところが残り30分というときになって、事態は急変する。2CVがストレートに戻ってこない! ドライブシャフトが折れたのか……という予想は、残念ながら当たってしまった。サクソと2台の106が12時間を耐え抜いてチェッカーを受けた、それからさらに30分ぐらいあと。2CVがキャリアに積まれてピットに戻ってきた。



4度目の12耐は、初めてのリタイアという結果に終わった。でも不思議なことに、そんなに悔しくはなかった。異変に気づいたあのとき、ピットに入れてチェックしたり、ペースダウンして完走を狙ったりという手もあっただろう。でもチーム深谷は攻め続けた。その結果のリタイアなら、悔いはないと思ったのだ。どんなに頑張ったって、他車を抜けないことはわかっている。それでも速さを追い求めていく。そんな2CV&チーム深谷と12時間いっしょに戦えたことを、誇りに思いたくなった。



リンク
ガイド記事:レース参戦レポート:2CVで12時間耐久レースに挑む
ガイド記事:レース参戦レポート:今年はクサラで12時間耐久
ガイド記事:レース参戦レポート:キスありエコあり、波乱の12耐
おすすめリンク:モータースポーツ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。