今年は「日本におけるイタリア2001年」。日本各地でイタリア関係のイベントが開催されていますよね。中でもイタリア車ファン必見のイベントが、パシフィコ横浜で開催される”ムゼオ・アルファロメオ”でしょう。

8月4日(土)から19日(日)まで開催されるこのイベント、アルファロメオ本社に隣接するミュージアムから約120台のアルファロメオがやってくるといいます。

実はもうすでに1台はやってきていて、先日報告したアルファロメオデイにも展示されていました。30年代の名車、6C1750グランスポルトというクルマです。

よほどのマニアじゃないと、戦前から戦後にかけてのアルファロメオがどんなクルマだったのかは知らないだろうし、想像もつかないことでしょう。だからこそ、このイベントは必見というわけです。

じゃ、一体、どんなクルマたちがやってくるのでしょうか。そもそも、イタリアはアレーゼにあるアルファロメオ本社隣接のアルファミュージアムという施設はどんなものなのでしょうか。

夏を待ちきれないあなたに、その雰囲気をお見せしましょう。