縦置きにすべきか、横置きにすべきか?

横置きで積み重ねた例
とりあえず開いたスペースにタイヤを収納したい、という場合には、横に寝かせて積み上げる方法が手っ取り早いですね
次にタイヤを保管するときの置き方についてはどうでしょうか? 方法としては、タイヤを寝かせて上に積み上げてゆくパターンと、タイヤラックなどを使ってタイヤを立たせた状態で横に並べるパターンとが考えられます。どちらが正しいというものではありませんが、それぞれに一長一短があるようです。

まずタイヤを積み上げるパターンですが、タイヤメーカーなどではこの方法を推奨していることが多いようです。理由はトレッド面の変形が防げるためです。ただし、ホイールに組んでいない状態のタイヤでは、横方向の荷重に耐える剛性が足りないため、積み上げたときに一番下のタイヤが変形してしまうことが考えられます。そのため、積み上げる場合はあくまでもホイール付きというのを前提にしてください。

また、床にタイヤを直接置かないよう気をつけてください。タイヤの表面からは保護成分などの油脂が染み出してくるため、長い間置いておくと、床とタイヤの接していた部分にこの油脂が染み付いてしまうからです。タイヤから油脂が抜けてしまうというのも問題ですが、実はこの汚れがなかなか落ちないものなんです。特にカーペットの上などに置くと後で大変なことになりますから、耐油性のビニールマットなどを敷いておくといいでしょう。

次ページではタイヤラックを使った保管方法を紹介します