Windows Vistaからのアップグレード

ここでは、Windows VistaからWindows 7へ上書きインストールする方法を解説します。上書きインストールは、Windows Vistaにインストールしたアプリケーション、各種設定、作成したファイルなどもそのままWindows 7の環境に移行できます。

ただし「Windows 7のエディションとアップグレード」の項で説明したように、上書きインストールができない場合もあります。まず表をよく見て、上書きインストールが可能であるかを確認してください。

また、上書きインストールを行うためにはWindows VistaにSP1(Service Pack 1)以上が適用されている必要があります。Service Packについては、記事「Windows Service Packってなに?」を参照してください。

インストールを始める前に、上書きインストール中の事故に備え、専門のバックアップソフトやWindows転送ツールを使って、データを必ずバックアップしておいてください。

それでは上書きインストールを始めましょう。まず、Windows Vistaを起動しておいて、Windows 7のインストールDVDをドライブにセットし、[setup.exeの実行]をクリックします。すると、[Windowsのインストール]画面が表示されますので、[今すぐインストール]をクリックします。
 

 


一時ファイルのコピーが始まります。続いて、インストールの種類をきいてきますので、[アップグレード]をクリックします。
 

 

上書きインストールを完了すると、プロダクトキーの入力を求められます。ユーザー名とパスワードはWindows Vistaのアカウント情報が継承されますので、入力する必要はありません。上書きインストールは更新プログラムのインストールや互換性チェックのために、新規インストールより時間がかかります。


【関連サイト】
マイクロソフト Windows 7
マイクロソフト Window 7 アップグレード徹底ガイド



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。