「車格の法則」が成功の鍵だけど…

マジェスタフロント
「高額車は、全てヘッドライト上端よりラジエターグリル上端の方が高い」という法則を破った新型マジェスタ。果たして売れるのか?

新しいマジェスタを見た瞬間「う~ん!」と思った。いわゆる「車格の法則」から外れているのである。今までこの法則を守らない高額車が売れたことは無い。果たして新型マジェスタ、初の成功作となるだろうか?

まず「車格の法則」について簡単に解説しておこう。フロントからクルマを見た時の「ラジエターグリル上端とヘッドライト上端の関係」をイメージして頂きたい。ロールスロイスに代表される高額車は、全てヘッドライト上端よりラジエターグリル上端の方が高い。

マジェスタリア
セルシオに代わり、トヨタブランド最高級のセダンとなる新型マジェスタ。「日本人にとって最も快適なクルマ」として作られた

一方、コンパクトカーを見ると、ラジエター(コンパクトカーの多くは単なる 空気取り入れ口になってます)はヘッドライト上端部より低い。カローラやVWゴルフクラスでも同じ。ヘッドライトの方が高い位置にある。

レガシィのようなミドルクラスになると、ラジエター上端とヘッドライト上端がほぼ同じ高さ。成功しているモデルは、ほとんど前述のようなデザインを持つ。興味深いことに、これはもう日本だけでなく世界的に通用する「法則」だったりして。

ちなみにVWは「フェートン」というベンツSクラスと同等の高額車をデビューさせた。フェートンのグリルとヘッドライトの関係は、この法則を守っておらず、自動車販売の現場にいる多くの人が「売れないと思う」。実際、商売的に大失敗してしまう。