いろんな意味でワンランク上

プリウスフロント
低価格の「インサイト」が受注を伸ばしている背景もあってか、当初250万円程度といわれていた新型プリウスの最低価格は205万円~。インサイトとの価格差は、わずか15万円程度

「サイドエアバッグや姿勢制御装置VSCといった安全デバイスまで標準装備しながら205万円から!」という、現行モデルより実質的に40万円程度安くなる新型プリウス(プロトタイプ)の試乗会が行われた。果たして仕上がりはいかに?

まず停止している状態での評価だけれど、もう迷うことなく「現行モデルよりワンランク質感が上がりましたね!」。一回り大きくなったこともあり、存在感からして大きくなった。デザインは現行モデルよりシャープ。新しさも感じさせる。

インテリアも質感&実際の広さ共に進化した。個人的にはセンターコンソール付きになったので運転席と助手席の移動が難しくなったことをマイナス点とするけれど、全体的な質感は現行モデルのワンランク上となる2リッター級より高い感じ。

プリウスインテリア
全体的に質感が向上したインテリア。新たに、エコドライブサポート機能を搭載。センターメータのバーグラフにて、エコドライブの度合いを確認できる

日本人の「価値観」って排気量至上主義である。クルマのサイズを聞く際も「排気量は?」といった具合。その感性で評価すると、1.8リッターエンジンを積む新型プリウスは、いろんな意味で1.5リッターの現行プリウスよりワンランク上というイメージ。

続いて試乗といこう。Dレンジをセレクトし、アクセル踏む。モーターで走り出した時の感覚は現行モデルと同じ。しかし! エンジン掛かってビックリ! 圧倒的に静か&滑らかなのだ。エンジンそのもののバランスが1.5リッターより良いんだと思う。

肝心の燃費もチェックしてみた。トヨタの言い分としちゃ「排気量上がって車重も40kg重くなりましたが、燃費は10%向上しています」。短い試乗だったので確実な数値と言えないものの、長年プリウスと付き合ってきた感覚だと5%程度の改善か?