ある層にとっては「大合格!」

アルファード フロント
グリルは初代よりもV字型ラインが強調されている。ヘッドライトはサイドに回りこみ、より立体的なフロントマスクを表現している

日本車最大級のボディサイズを持つ人気ミニバンのアルファードがフルモデルチェンジした。写真を見ていただければわかる通り、完全なるキープコンセプトである。ただクルマの仕上がりは大きく進化したという。

まず売れ筋になりそうな2.4リッター4気筒エンジン搭載車から試す。先代モデルより80kgほど重くなったものの、エンジンをパワーアップ。旧式だった4速ATを無段変速CVTに変更したことなどにより、全く気にならず。

従来型から乗り換えると、むしろ動力性能は上がったと感じることだろう。ボディの補強や、ショックアブソーバーの改良などにより、乗り心地の質感も改善されている。車高を下げた(重心も下がった)ため、ハンドリングまで素直になった。

高速道路からワインディングロード、荒れた一般道まで様々な条件で走ってみたが、アルファードを買うユーザー層にとっては「大合格!」の走りだと思う。強いて不満点を挙げるとすれば、荒れた路面で多少ドタバタする程度か。

特に3列目シートに座っていると、座席自体からくる快適性の低さもあり(座面の形状がイマイチ)、国産最上級ミニバンとしちゃ物足りない感じ。ガタガタという音まで出てますから。まぁ日本車を買うユーザーならガマン可能な範囲内か?

アルファード リア
初代と同様にV字型ラインが印象的なリアデザイン。エンジンは直4 2.4リッターと、V6 3.5リッターの2種類。車高は45mmもダウンしたが、室内高は10mmアップしている

続いて3.5リッターV6搭載車。280馬力を発生しているだけあり、圧倒的にパワフル。高回転域では「クオーッ!」というスポーティエンジンのような気持ち良いサウンドを発しつつ、2トン近くあるボディをモノともせずグイグイ引っ張っていく。

4気筒との価格差は38万円。自動車税や燃費の違いがあまり気にならないという人なら、V6を買うのもいいんじゃなかろうか。ちなみにV6搭載車の上級グレードなら、レーダークルーズやレーンキープアシストといった極楽&安全巡航セットもオプション設定される。

次ページでウワサの2列目シート紹介!