目移りするかもしれない

ランエボ・フロント
三菱ランサーエボリューションX。299万7750~375万600円。全長×全幅×全高4495×1810×1480mm
インプレッサ・フロント
スバル・インプレッサWRX STI。344万4000~365万4000円。全長×全幅×全高4415×1795×1475mm
インプレッサWRXとランサーエボリューションというモデル、濃いファン層をそれぞれ持っており、浮気者は少数派だったように思う。実際、道路のデコボコを全て拾うような乗り心地や、スパルタンなインテリアなど、気合いの入ったクルマ好きじゃない限り、手を出しにくかったかもしれない。

しかし両モデル共、新型で大きくイメージを変えてきた。乗り心地の上質化や、インテリア、エクステリアの質感向上により、もはや大人のクルマ好きが400万円クラスの輸入車と迷って買ってもおかしくないような存在になってきた感じ。となるとインプレッサかランエボXかで迷う人も出てくるでしょう。

ランエボ内装
ランエボの内装。ATをセレクトすることもできる
インプレッサ内装
インプレッサはMTのみの設定。オプションでバケットタイプのレカロシートを用意
まずインプレッサの特長から。ランエボXと最大の違いがミッション。ランエボの場合「SST」と呼ばれるATをラインナップする。このAT、マニュアルミッション以上の素早さでシフトアップ可能(シフトダウンは確実性&速さともマニュアル優勢)。AT免許でも、マニュアルミッションが嫌いな奥さんでも気軽に乗れてしまう。

こいつに絶対的な価値を見いだしてしまうとATをラインナップしないインプレッサに勝ち目無し。ただクルマを操る楽しさで考えるなら、ATじゃ物足りない。なるほど便利だし速い。けれど「クルマの運転を趣味」とするなら、ギアを変えるという楽しい操作を諦めるということ。

私ならランエボXを買うとしても迷わずマニュアルを選ぶ。ここで大切なのが「グループN仕様の競技車両と共通項多いからインプレッサもランエボも魅力がある」ということ。両車にとっての原点みたいなものだ。SSTを競技車両にも使うようになれば、「AT上等」になるかもしれません。

走り味の違いは次ページ