上質になった軽四駆

フロントビュー
パジェロミニの日産版がキックス。パジェロミニとはフロントグリル、モノトーンのインテリアが異なる。パジェロミニは123万4,800円~165万9,000円。キックスはターボのみのラインナップで、140万2,800円~159万1,800円、サイズは全長3,395×全幅1,475×全高1,635mm
ミドルサイズからコンパクトカーへ、コンパクトカーから軽カーなどのダウンサイジングがひとつのテーマである最近のクルマ事情。大人4人がゆったり乗れる軽カーは珍しくないが、場所や天候を問わず走れる軽のSUVといえば、数少ない。カルト的人気を誇るスズキ・ジムニーか、今秋にマイナーチェンジを受けたパジェロミニ、OEM版のキックスがそうだ。

都会的になったスタイル

リヤ
パジェロミニはビッグマイナーチェンジといえる外観の一新と、燃費向上がニュースだ。ヘッドライト、グリル、バンパーの意匠を変更し、上質感を追求
パジェロミニは、ジムニーほどマニアからの支持は獲得していないが、軽自動車のSUV、クロカン系として貴重な一台。

パジェロミニは今秋にマイナーチェンジを受けた。フロントマスクやリヤコンビランプの変更などを受け、燃費を向上させたり、ワンセグ視聴が可能なナビを装備した新規グレードを追加させたりしている。

インテリアは目を惹く大型3連メーター、シルバーリングなどで質感をアップしている。飾り気のないデザイン、決して高いとはいえなかった質感を向上し、内外装ともにクオリティアップを果たしたのは間違いない。商品力は着実にレベルアップしている。

次ページはキックスについて