フル装備で268万円~!三菱『アウトランダー』

最近人気のSUVは、いざ購入となると案外高い買い物になってしまう。

スバル新型フォレスターの場合、自動ブレーキ付きで最も安いグレードが280万8000円(4WD)。ホンダ 新型CR-Vは323万280円(FF)。日産 エクストレイル280万3680円(FF)といった具合だ。

このような状況の中で、三菱 アウトランダーがマイナーチェンジを行い、フル装備のFF車で268万8680円~というお買い得プライスを付け、ミドルクラスSUVで勝負に出てきた。
三菱『アウトランダー』

三菱『アウトランダー』


装備を見て驚く! ベーシックグレードですら、10万円くらいで買えるアイテム―ナビ+オーディオ+TVだけ付ければ、後は必要ないと思えるほど標準装備が充実している。
 

安全装備も充実し、「サポカーSワイド」に

例えば安全装備を見てみよう。

歩行者検知機能付き自動ブレーキはもちろん、車線逸脱警報や前後の誤発進抑制機能(ブレーキとアクセルの踏み間違いの飛び出し防止)、エクストレイルだとオプションになってしまうサイド&カーテンエアバッグも標準で付く。これらの安全装備で、「サポカーSワイド」になっている。さらに、ヘッドライトは高価なLEDだ。
三菱『アウトランダー』運転席

三菱『アウトランダー』運転席


快適装備だってアダプティブクルーズ(自動停止機能ありの先行車追従制御)、ヒーター付き革巻きハンドル、左右席で独立の温度制御可能なオートエアコン、登り坂のスタートで”ずり下がり”を防止してくれるヒルスタートアシストが装備されているといった具合。323万280円のCR-Vと遜色なし!
三菱『アウトランダー』。写真左上より時計回りに、LEDヘッドライト&LEDポジションランプ、LEDフォグランプ、ステアリングヒータ、後席エアコン吹き出し口

三菱『アウトランダー』。写真左上より時計回りに、LEDヘッドライト&LEDポジションランプ、LEDフォグランプ、ステアリングヒータ、後席エアコン吹き出し口

 

快適性が高い3列シート7人乗り

徹底的なのが3列シートの7人乗り仕様である点だ。CR-Vも3列シート7人乗り仕様を選べるけれど、アウトランダーよりも19万1160円高い342万1440円になる。アウトランダーもCR-Vも身長160cmくらいまでの人が近所の買い物や食事などの距離なら何とか座れる広さながら、イザというときに7人乗れるのは便利。
三菱『アウトランダー』内装(3列シート)

三菱『アウトランダー』内装(3列シート)


ここにきて、3列シートのSUVは徐々にニーズが高まっている。CR-Vも売れ行き好調な3列シートのマツダ CX-8(353万7000円)を比較車として挙げているほど(CX-8の3列目シートは身長183cmのガイドが座れる広さを確保出来ている)。268万8680円で3列シートSUVを買えるなら安い。

ちなみに「3列目シート不要の場合、お買い得のSUVは?」と聞かれたら、マツダ CX-5をおすすめする。268万9200円でアウトランダーと同等のスペックだからだ。その上、間もなく行われる(今年の9月下旬か?)年次改良で、自動ブレーキを夜間の歩行者まで検知できるタイプにバージョンアップするようだ。

CX-5なら、ドアミラーで見えにくい斜め後方の死角にいる車両を検知して警告出す装置(アウトランダーだと上級グレードに5万4000円のオプション)も標準装備だ。3列シートを使わない人は、CX-5が圧倒的な商品力を持っていると言うことになる。迷ったらCX-5を選べば間違いなし。
 

2000㏄でも十分な走り

書き遅れたが、アウトランダーとエクストレイル、CX-5は2000ccエンジンの搭載車。フォレスターの2500ccやCR-Vの1500ccターボと比べ若干動力性能で届かないが、今の日本の道路事情だとスピードを出す場所もないため、ファミリーカーとして使うなら2000ccで問題ないと思う。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。