ドイツで感じたウィークポイントやいかに?

室内のカット
今回は日本の典型的な道路環境でLS600hをテスト。シャープな味付けを施された「バージョンS Iパッケージ」に乗り込んだ
前回お届けしたLS600hの試乗レポートは高速道路(アウトバーン)がメインだった。一般道も走ったけれど、これまた案外アベレージ速度は高い。改めて読み直してみたら、低い速度域の評価をしていませんでした。そこで今回は典型的な日本の道路環境で乗った印象をレポートしてみたい。

まず19インチタイヤ+アクティブスタビライザーを装備する標準ボディの「バージョンS Iパッケージ」(1110万円)から。このグレード、オーナーが自らハンドルを握るための仕様となっており、最もシャープな味付けを持つ。

ドイツで試乗した際、大いに気になった高速域での落ち着きの無いステアリングフィールは、常識的な日本の速度域なら「多少落ち着きませんね」といった程度。依然として好ましくないものの、決定的な弱点というほど悪くない。ただ付いているメリットもあまり感じず。

1000万オーバーの価格を考えると……

室内のカット
レクサスLS600h。全長×全幅×全高5030×1875×1475mm。5リッターV8DOHCエンジン&モーターのハイブリッドユニットを搭載する。「600」は6リッター並のパフォーマンスを持つことに由来。970万円~1220万円
加えて相変わらず荒れた道での乗り心地や、片輪だけデコボコを通過したときのハンドルの取られ感なども気になる。価格を考えるとあまり納得できる仕上がりではない。ステアリングフィールと乗り心地、足下に伝わる路面からの振動が取れない限りベンツにゃ敵わないと思った。

いろんな意味で標準ボディにのみ設定されている19インチタイヤ+アクティブスタビライザー付きは、今後の熟成を待ちたいところ。もし自分で運転するのなら、18インチタイヤ仕様を推奨しておく。

ロングボディは次ページ