ここ数年、セダンの販売台数は超低空飛行が続いている。なぜか?ユーザー側から見ると、余り魅力無いからだと思う。考えて欲しい。今回紹介する『プレミオ』の価格表を見ると、2リッターエンジンを搭載するグレードで202万円。金額自体は、先代のプレミオやライバル車と同等だ。

こちらがカリーナの後継モデルとなるアリオン
しかしユーザーからすれば、別にセダンでなくてもいい。ファミリーカーとして使うなら、同じエンジンを搭載するミニバンの『ノア』というチョイスだってあろう。しかもノアなら189万円。装備が充実する『XGセレクション』でも199万円と、プレミオより安い。シートの数多く、エアコンだってノアは前後二つ付く。どう考えてもミニバン有利。

それでもトヨタはあえてセダンを出し続ける。昨年だけで『ブレビス』『ヴェロッサ』『ウィンダム』『カムリ』の4車種をリリースしたけれど、いずれも売れていない。新車を次々にデビューさせるトヨタの販売シェアが伸びないのは、セダンで失敗しているからだと思う。そんな逆風の中、またしてもトヨタがセダンを出してきた。コロナ・プレミオの後継車『プレミオ』と、カリーナの後継車『アリオン』。コロナやカリーナという車名を捨てたのは、ブランドイメージがマイナス評価になると考えたんだろう。確かにコロナやカリーナと言えば、もはや人生のベテラン御用達のクルマというイメージ。このままじゃ問題大きいと判断したそうな。

搭載されるエンジンは3タイプ。1500?と1800?は☆三つ(超-低排出ガス基準)に対応している上、燃費も良好。「グリーン税制」の対象車となる。すなわち取得税が1万5千円の減税になり、自動車税も2年間半額。1800?だと2年で4万4千円ほど支払金額が減るから嬉しい。2000?は直噴エンジンのため排気ガスのクリーン化に限界あって、☆一つ(良-低排出ガス基準)ながら、10・15モード燃費16.2km/Lと2リッターで最も良い燃費性能を持つ。高速道路を90kmくらいで巡航したなら、楽にリッター18kmくらいまで伸びるから凄い。エンジンバエリーションはアリオンも同じ。

乗るとどうか?残念ながら「こりゃまいりました!」的なレベルの高い仕上がり具合のアウディA4やBMW318iのような「決定的な質感」は持っていない。むしろ従来型よりボディが剛性上がり、軽快感あって良いクルマだと思うけれど、同じ価格帯のミニバンをケ散らすような魅力に欠けるのだ。

また、広いリアシートや、折り畳み式リアシートの背もたれなど頑張っているものの、これまたミニバンやステーションワゴンと比べちゃうと辛い。カッコいいし(デザインは素晴らしいと思う)良く出来ているが、売れ行き伸び悩むというパターンか? 名前を変えても、この2車買うユーザー層って年齢的に高いんじゃなかろうか。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。