おしゃれ上級者たちには、半端丈パンツやファーが人気

画像の代替テキスト
左 嶋 理沙子さん(化粧品会社勤務)Durasで購入したロングニットにクロップと丈パンツを合わせて、大人の余裕を感じさせるレイヤードスタイルに。グリーンのアクセントカラーも着こなしの洗練度を高めています。右 鷲田尚美さん(イベント会社勤務) ハーフパンツはアクアガールで購入したもので、オン・オフ活躍のアイテム。レザーのロングジャケットでIラインシルエットを作った着こなしは、おしゃれ上級生ならでは。

この冬の通勤服は、圧倒的にスカートスタイルが優勢。でも、もっともおしゃれに見えたのは、クロップト丈やハーフ丈、半端丈パンツをクールにはきこなしていた人達。

彼女たちの着こなしに共通していたことは、黒を貴重にしたコーディネイトであること、そしてパープルやグリーンなどの彩度の高い色の小物を合わせていたこと。

さらに、ネックレスやピアスなどで繊細な女らしさが香る小物もプラスしていました。こんな計算しつくしたスタイリングがされているからこそ、カジュアル度が高くなりがちな半端丈パンツが、おしゃれ上級者風の大人の着こなしに見えるのです。

通勤にはファーを部分使いで取り入れるのが正解

画像の代替テキスト
左 瀬川あずささん 身頃がファー使いのジップアップカーディガンをミニスカートに合わせて軽快に着こなして。右 井畑奏子さん(会社受付)部分使いのファーは派手になりすぎず、顔周りに華やぎをあたえてくれます。

さて、今年も大流行のファーアイテムですが、通勤服に取り入れるなら、襟元にトリミングとしてあしらってあるものなど、ファーを部分使いしたジャケットがおすすめです。

そして白やグレーなど、表情がやさしく見える色が効果的。ほどよく個性的で、トレンド感と華やかさが加わって、オフィスでさすがと思われる着こなしに見えるはず。これから春に向かい、ロングコートが重く見える季節にも、こんなファー使いのジャケットがあると活躍してくれそうです。


次のページでは、マンネリになりがちなモノトーン。どうやって今年の顔に見せるか、お伝えします。