この秋冬はモードな「ゆるリラックス」スタイルで

この秋冬シーズンはリラックス感が醸し出るようなアイテムがおすすめです。ただし、ルーズに着るのはNG! ゆるやかにハートフルに着るのが大事です。今回ご紹介するガイド愛用ボトムはボリューム感のある「ゆるっ」トップスに合わせられ、モードな雰囲気に変身できるアイテムです。さらに、下半身をスッキリ魅せます。

「For L」の「ファッションガイドの散財記」では既に、愛用バッグBEST3愛用トップスBEST3をご紹介しました。今回は「愛用ボトムスBEST3」です。

【CONTENTS】
  • Page 1:「J Brand」(ジェイ・ブランド)

  • Page 2:Diane Von Furstenberg(ダイアン・フォン・ファステンバーグ)

  • Page 3:Alexandre Herchcovitch(アレキサンドル・ヘルシュコヴィッチ)



  • スキニーデニムは秋冬もますますヒートアップ!
    LA発スキニーデニム・ブームの火付け役 「ジェイ・ブランド」

    J Brand
    J Brandのスキニーデニム
    ここ数年、人気の高かったダメージ加工のデニムに取って代わり、ピタピタ肌にフィットする極細ジーンズがNYで昨年あたりから大ブレーク。その人気は日本にまで飛び火しました! 特に今までのダメージ加工や、2次、3次加工されているジーンズよりも、これからは加工なしのキレイめ生デニムがおすすめ。「J Brand(ジェイ・ブランド)」のスキニージーンズはストレッチ繊維が織り込まれているおかげで、とても履きやすく、スパッツ感覚ではけるのも魅力的です。細身のジーンズは「体のシルエットが出過ぎてちょっと……」と敬遠されがちですが、意外にもそんなことはないのです。むしろ、スタイルよく見えます。

    このスキニーデニムのおすすめスタイリング
    J Brand
    ボリューム&リラックスなミックスコーデで、ジーンズをキレイめに(すべてガイド私物)
    今回のスタイリングでは、ボリュームのあるゆるめのトップス×ヒールの靴でモード感を取り入れてみました。ポイントは裾をくしゅくしゅにたるませること。そうすれば、足は細く長く見えます。ヒールの靴で合わせれば、さらに効果大です。

    色落ちしていないキレイめジーンズは上品に見えるので、長めのジャケットで合わせて、オフィスにも着て行けるかも!? 今までジーンズの裾丈を直していた人も、スキニージーンズは裾が長くてOKだから、カットする必要もなし。これからの季節はブーツにインするときもイージー。今すぐ取り入れてほしい、便利尽くしのアイテムです!

    ※「J Brand」の商品は、セレクトショップの「ローズ・バッド」、「ザ・クローゼット」などで取り扱いしています。このブランドに関してはこちらの記事で詳しく説明しています。さらに、スキニーデニムの着こなしスナップ ニューヨーカー編もご参考に!

    まだまだ私物公開は続きます! 次のページでは、日本でも人気に火がついた「ダイアン・フォン・ファステンバーグ」の天女のようなふわふわプリントの「ラップスカート」をお見せします!