流行色から見る、“80'sブーム”

VOGUE
“80’s”は、VOGUE NIPPON (ヴォーグ ニッポン)2009年12月号のキーワードの1つ
「モードはただ変わるだけ」という指摘がある一方で、「流行は繰り返す」と言われるように、過去を参照した「リバイバル」という現象が見受けられます。例えば、“80'sブーム”は、今シーズン最大のトレンドといっても過言ではないでしょう。しかし、今日の“80’sブーム”は「あの頃」の再現ではなく、アップデートされています。

そこで今回は、財団法人日本ファッション協会 流行色情報センター(以下JAFCA)の広報ご担当、大野礼子さんに、“80'sブーム”流行色についてお話をお伺いしました。

【CONTENTS】
Page1:流行色から見る、“80'sブーム”
Page2:流行色情報が発信される仕組み
Page3:東京発!2011年秋冬トレンドカラー情報

ガイド松本
「流行色」や「流行現象」は、世相・世情・世態など、うつり変わる世の中の状態と無縁ではないでしょう。今なぜ、“80'sブーム”なのでしょうか?

BADバッド(紙ジャケット仕様)[Limited
80年代を象徴するスター、マイケル・ジャクソン。BADバッド(紙ジャケット仕様)[Limited Edition]マイケル・ジャクソン
大野さん
80年代というのは、個性的なファッションブランドが台頭しDCブームが起こったり、パソコンやテレビゲームが普及しはじめるなど、新しいものがどんどん登場するような非常に活気がある時代でした。

数年前からデザイナーコレクションでも80年代調をテーマにとりあげることが増えていましたが、ここ数年で大きなブームに拡大したと思います。徐々に80年代のスタイルが受け入れられる土壌ができてきたのだと思います。

ELLE JAPON(エル・ジャポン)2009年12月号
80年代と現代では、素材や色表現のテクニックが格段に進歩し、シルエットも洗練されています。ELLE JAPON(エル・ジャポン)2009年12月号
80年代から20年たって、また忘れていた時代のスタイルが中年には懐かしく、若者には新鮮に映っていると思われます。またマイケル・ジャクソンなど80年代のスターが亡くなったのも、80年代への関心を高める要因のひとつにもなったのではないでしょうか。

ただし、今人気の80年代は大きな肩パッド入りのスーツといったものではなく、あくまでもカジュアルなストリートスタイルが中心になっていると思われます。

私たちは時代のムードや生活者の気持ちをとらえて流行色を選定していますが、カラーの点からみても、80年代カラーといわれる、白、グレー、黒のモノトーンや、鮮やかなビビッドカラーは、元気で希望のあった時代を象徴しています。

不況が続き、元気のない今、明るいもの、元気なもの、夢のあるものを求める気持ちが高まり、そこに80年調のテーストがフィットしたのだと思います。

過去の80年代調が復活といっても、そのままではありません。過去と現代では、素材や色表現のテクニックが格段に進歩しています。シルエットも洗練され、素材も軽く、手の込んだものになり、色も透明感のある美しい色を表現することが可能になっています。着こなす生活者のセンスも格段と洗練されているのではないでしょうか。
 
⇒⇒引き続き、流行色情報が発信される仕組みについて、お話をお伺いしました。