記事「伝統とモダンの融合~26歳からの夏着物」に引き続き、新しい着物ブランド「awai」から、メンズのための夏着物をご紹介します!


CONTENTS
Page1:粋な夏着物で、モテ効果UP!
Page2:パーソナルカラータイプ別!コーディネート

粋に着こなす、男の夏着物

夏着物を粋に着こなして、モテ効果UP!
夏着物を粋に着こなして、モテ効果UP!

メンズの夏着物は普段着慣れたスーツのようなオーソドックスな色・柄が多いので、案外、着こなしやすいのが特徴です。着物を着る男性は少数派ですが、少数派ゆえに注目度は高く、女性以上にモテ効果が期待できるそうです!ワードローブに取り入れて、粋な着こなしを楽しんでみてはいかがでしょうか。

帯と言えば博多

帯と言えば、博多。伝統の色柄を粋に着こなして。
帯と言えば博多。伝統の色柄を粋に着こなして。

メンズの着物の着こなしの決め手は、なんといっても帯。縦糸が多く、締めやすさに定評のある、博多織の帯がおすすめです。使い始めは、ハリとコシがあり、使い込んでいくと、柔らかく馴染んでゆく、変化を楽しむことができます。

霰模様のような伝統的な幾何学模様の他に、シンプルなボーダーをあしらったものなど、モダンで粋な色・柄が揃っています。締める時の「キュッキュッ」という絹鳴りの感触も、心地よいものです。


染織の技法、久留米絣

コットン100%の久留米絣。日常着にふさわしい風合いが持ち味です。
コットン100%の久留米絣。日常着にふさわしい風合いが持ち味です。メンテナンスがラクで、シーズン長く着れるのも魅力です。

久留米絣は、福岡県南部の伝統工芸のひとつ。絣は、括りという技法で染色した絣糸を使います。糸で括った部分は染まらないため、藍色などに染まった部分と染まらずに白く残った部分が交互に現れる美しい糸を織り上げていくので、一般的な先染めや後染めでは表現することができない、奥行きのある色彩を表現できる染織の技法です。


絣は洗えば洗うほど美しくなるともいわれており、風合いの変化を楽しむ日常着にふさわしい染織物といえるでしょう。


次のページでは、パーソナルカラーの考え方を取り入れた、「awai」ならではのコーディネートをご紹介します!