データの収集、保存こそパソコンの得意分野

パソコンは情報を探したり、集めた情報を保存することが得意です。この特徴を生かしてさまざまな仕事で活用されていますが、家庭でも同じように活用することができます。例えば、毎日の献立に頭を悩ます主婦の方々の心強いレシピブックとして活用することが出来ます。
献立を考えるのは、楽しくもあるが大変な作業

献立を考えるのは、楽しくもあるが大変な作業


今回はこのレシピブックとしての使い方を、私の身近な例も交えて紹介していきます。今日の献立に困ったら、まずパソコンの電源を入れましょう。


献立のアイデアを探す

毎日の献立で悩む理由として真っ先に挙げられるのはメニューでしょう。インターネットではgoogleYahoo!検索などの便利なWeb検索サービスがありますが、それを活用することで今の自分にぴったりの献立を見つけることができます。

たとえば、冷蔵庫の中にある材料の名前と「料理方法」というキーワードを併せて打ち込むと、その材料を使った料理方法がみつかります。たとえば我が家にあった「大根」と「一品料理」と入力すると、「大根ごはん」、「大根のコチュジャン炒め」「大根のコンソメ炒め」などとなかなか美味しそうな料理が検索できました。

google検索結果

google検索結果


また、作るものが決まっていてもいつもと違う料理方法に挑戦してみたくなるときもあるでしょう。その場合にはメニューと併せて「アレンジ方法」と打ち込んでみましょう。今度はYahoo!検索で「大根」「煮物」「アレンジ」と入力してみたところ、「スペアリブ大根」や「大根と豚のやわらか煮物」など、一工夫のあるレシピが検索できました。

Yahoo!検索結果

Yahoo!検索結果


このようにWeb検索を活用することで、今日の献立のアイデアを探すことができます。