魅惑のランジェリー色選び


貴女を一番美しく見せるランジェリー、あなたの肌色に合った色を選びませんか。

最近は、ランジェリーは隠すものではなく、見せるものとして、カラフルになってきました。洋服と同様に、自由に自分らしい色選びをしてみたいと考える女性が増えています。

まず、パーソナルカラーサイトの自己診断テストで、自分が「春」「夏」「秋」「冬」のどのシーズンタイプに当てはまるか、調べてみましょう。

自分のタイプがわかったら、下の図から、自分のシーズンを探してください。あなたのシーズンカラーのランジェリーが、貴女の肌を最も美しく見せます。ランジェリーの最新情報は、ランジェリーサイトでどうぞ。

 




 

パーソナルカラーは大まかにいうと、
■ 「イエロー」がかっているか?「ブルー」がかっているか?
■ トーンやコントラストが「強い」か?「弱い」か?

で分類されています。

おなじホワイトでも、「春」 「秋」は黄色っぽいオフホワイト、「夏」はブルーがかった白、「冬」は真白が似合います。

赤やピンクは、「春」はサーモン系ピンクやレッド、「秋」はもっとオレンジ寄りのピンクや朱色でやや濃い色、「夏」はいわゆる薄いピンク、「冬」は青みの強いビビッドな色が肌の色を引き立てます。

ざっと、「春」「秋」はブラウン系、「夏」「冬」はモノトーン系に分けられます。

「春」はブライト、「秋」はディープ、「夏」はグレイッシュ、「冬」はビビッドトーンから選ぶとよいでしょう。色調から連想されるイメージワードは、「春」はクリアで明るく、「秋」はシックで深く、「夏」はエレガントでソフトに、「冬」はクールで鮮やかに。

色だけでイメージ通りに表現することはできますが、色・素材・形を揃えるとイメージがまとまって感じられ、より整った印象を与えます。フォーマルな場面では、全体のイメージを綿密に揃えた方が好印象に。カジュアルな場面では、イメージに縛られすぎることなく個性的な組合せにチャレンジしてみると、新しいスタイルの発見があるでしょう。

「春」「秋」は紫系の色が、「夏」「冬」はグリーン系の色はあまり最高に似合うとはいえません。しかし、前述のイメージワードによる配色にしたり、少量を挿入する形にすれば大丈夫です。

よく誤解されやすいのですが、自分のタイプの色しか着られない、というわけではありません。

上記の図でいえば、右や左隣り、上や下隣りのグループなら、比較的色合わせに失敗しません。また、同じ色相であれば濃い薄い、若干色みがイエローやブルーに、色幅が大きくとれてしまったとしても、こだわらずに使ってみましょう。 明度と彩度、色相のいずれかが似通っていれば、おおむねマッチします。

イベントのある日は、これまで着たことのなかった大胆な色を試してみることをお薦めします。自分の知らない自分が生まれるかもしれません…。


[ 関連サイト ]

パーソナルカラー リンク集
ランジェリーサイト
ファッション・ビューティ チャネル

クリスマス関連サイトはこちら

 



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。