動画編集に必要なパソコンスペック

ビデオ編集に必要なパソコンのスペックは、どのような映像ファイルを編集するかによって異なります。たとえば、AVCHD形式のハイビジョン映像を編集す る、あるいはスタンダード画質の映像データを編集するなど、編集対象のファイル形式によってスペックが違ってきます。この場合、OSの動作環境を基準にす るとわかりやすいです。

■ハイビジョン画質を編集する
ハイビジョン画質を編集するのに適したパソコンスペックは、Windows Vistaが快適に動作するパソコンスペックを基準にします。Windows Vistaが快適に動作するスペックであれば、AVCHDをはじめ、ハイビジョン映像の編集は可能です。なお、メモリとハードディスクについては、ある程 度のスペックアップをおすすめします。
  • パソコンスペック:Windows Vistaが快適に動作する環境
  • メモリ:可能であれば2GBは欲しい
  • ハードディスク:スムーズな編集には、最低でも50GB程度の空き容量が欲しい
■スタンダード画質を編集する
スタンダード画質を編集するには、Windows XPが快適に動作するパソコンスペックを基準にします。Windows XPが動作していれば、ほぼスタンダード画質のビデオ編集に対応できます。なお、ハードディスクの空き容量は、最低でも50GB程度は欲しいところですね。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。