ぴったりのキッズソフトを探そう
ジャンル: 知育(児童)   キャラクター
リーダーラビット小学1年生パッケージ画像
 グラフィック ★★★★☆
 内容の充実度 ★★★★★
 操作のしやすさ ★★★☆☆
 飽きさせないくふう ★★★★☆
 ガイドのオススメ度 ★★★★☆

リーダー・ラビット 小学1年生」は、 言語技能や算数、音楽、アニメーション作り、お金の計算など、 小学1年生のうちに身に付けたい内容を幅広くカバーした5歳~7歳向けの総合知育ソフトです。

雨嫌いの発明家アービンが発明した雨具を飛ばす機械を止めるために、 雲の上のくもくもランド、アービンのおうち、かさの森から3つの道具を集めるというストーリーに、 8つのゲームが収録されています。

このソフトの大きな特徴は、何度も繰り返し学習できるように、 それぞれのゲームをクリアしただけではゴールできない仕組みにあります。

例えば、必要な道具の1つ「紫の輪」を手に入れるためには、 くものベルトコンベアで手に入れたハシゴで崖の上に登り、 くもくもランド美術館で手に入れた帽子をロックマンに渡すといったように、 指示を覚えておいて足りないものを探してこなければなりません。

各ゲームをクリアしてポイントを集めるタイプのキッズソフトは多く見かけますが、 このソフトのように複数のゲームを行き来する仕組みのものも増えてほしいですね。

■ソフト収録内容

くもくもランドの町
くもくもランドの画面イメージ くものベルトコンベア
抜けている文字の穴埋めや文字の並べ替えをするゲーム。
雲のレンガを積むために、単語を完成させてベルトコンベアの穴を塞ぎ、 てっぺんまでレンガを運びます。
単語の一部の文字を補ったり、単語の全ての文字を並べたり、 だんだん学習レベルが高くなっていきます。

くもくもランド美術館
少しずつ異なる絵を描き、アニメーションを作るコーナー。
予め用意されている図形や絵筆を使って絵を描き、 パラパラマンガのようなアニメーションを作ります。
お子さんが作ったアニメーションは美術館に展示されるので、 いつでも動く自分の作品を見に来ることができる楽しいコーナーです。

くものベルトコンベアの画面イメージ くもくもランド美術館の画面イメージ

アービンのおうち
かさの島の入り口の画面イメージ ガチャガチャマシーン
文章に正しい単語を当てはめるコインゲーム。
傾斜路を動かして、上から落ちてくるコインを正しい単語に導きます。
例えば「はりねずみには みをまもるための××があります」という文章に当てはめる単語を 「から」「うろこ」「はり」から選び、 そのために傾斜路をどのように動かせばいいのかを考えます。

音のビー玉
配置されたビー玉の色と並び方からパターンをつなぐゲーム。
あらかじめ配置されているビー玉のパターンを見て、 最後までパターンをつないで完成させます。
ゲームで使用する赤・橙・黄・緑・青のビー玉は、 各ゲームを繰り返し行わないと集めることができません。

ガチャガチャマシーンの画面イメージ 音のビー玉の画面イメージ

この他のコーナーや対応OSは次ページ

(c)2002 Mindscape (c)2002 Riverdeep Interactive Learning Limited and its licensors. All rights reserved. The Learning Company,TLC Multimedia and Reader Rabbit are registered trademarks and Capers on Cloud Nine, Learning Creations and Success Starts Here are trademarks of Riverdeep Interactive Learning Limited.