子供服のお店を開きたい!

「子供服のインターネットショップをオープンしたい!」というかたにたまに相談されます。

動機はさまざまですが、まったくこの業界を知らないかたにとってどうしていいかわからないというのが本音のところだと思います。

趣味の一環として自宅にある古着をネットオークションなどで販売されるぐらいでしたら問題はあまりないのですが、本格的にお店を始めたいかたやビジネスとしてお店を持ちたいかたは始めるまえに色んな準備が必要になります。

そこで、準備から開業までを、仕入面、販売面また法律面から解説したいと思います。
継続掲載の予定です。

あくまでネットショップを対象に書きますので、実店舗の場合とは異なることがございますのでご了解ください。

また、すべてのネットショップに当てはまらない場合もございます。

まず、ネットショップを開こうとする動機について以下のケースが多いと思われます。

1)子供服のショップを前々から開きたいと考えていたが、資金がかからないネットショップから始めようと思う。

2)いままで専業主婦をしていたが、子供に手がかからなくなったので仕事をしたいが、時間の自由がきくネットショップで独立したい。

3)海外に住んでいて、素敵な子供服を購入できるので、日本向けに販売したいと思った。

4)いままで、自分の子供の古着をオークション販売していたが、本格的にリサイクルショップを始めたいと思う。

5)実店舗を運営しているが、ネットでも販売を検討している。

6)製造メーカーが直接消費者に販売する場合。

この中で5)6)はすでに商品があるわけですし、ある意味プロのかたですから今回は取り上げません。

では、最初に問題になるどんな商品を販売するかによって分類します。

1)国内ブランドの仕入商品を販売する

2)オリジナル商品を企画して製造販売する。

3)海外ブランドを輸入して販売する。

4)リサイクル商品を販売する。

次週から、各販売方法ごとに詳しく解説していきます。

また、税金面や法律面なども取り上げていきますのでお楽しみに

【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で子供服を見る

Amazonで子供服を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。