株で得られる3つの利益とは?

株でゲットできる3つの利益

株でゲットできる3つの利益

株を始めるときに、知っておきたいのが、株式投資をする上で手に入る3つの利益についてです。3つの利益とは、株価が値上がり時に得られるキャピタルゲイン、株主への分配される利益であるインカムゲイン、株主優待を指します。

キャピタルゲイン

株式投資をすることで得られる利益の一つとして、株価が上昇したときに得られる「値上がり益」があげられます。

これは「キャピタルゲイン」とも呼ばれ、株式投資を行なっている方にとって、一番と言っていいくらいの関心事だと思います。

例えば、A社の株を1株1000円で購入し、この株価が1200円に値上がりした時に売却するとします。この場合、投資家は1株あたり200円のキャピタルゲインが生じるといった具合になります。

株式にはいつまでに売却しなければならないという制約がありませんし、満期が定められているわけでもありません。したがって、このキャピタルゲインの大きさと得られる時期については投資家個人の判断によるということになります。

インカムゲイン

株式投資で得られる利益の二つ目として、「配当金」があげられます。これは「インカムゲイン」とも呼ばれ、株式会社が利益を上げた際に株主へ分配する(還元する)利益のことを指します。配当金の額はその会社によって、また年度によっても変化しますが、株主は持ち株数に応じた配当金を受け取れる仕組みになっています

株主優待

3つ目は、「株主優待」です。株主優待で得られる商品やサービスを参考に投資する銘柄を決定される方も多々いらっしゃるのではないでしょうか?株主優待の内容は、会社によって様々であり、自社製品の他に割引券、お米券、クオカード、地域の特産品などをもらうこともあります。

ただ、株主優待制度は保有数によって、その待遇が必ず良くなっていくものではありません。業績の悪化によって、急遽その内容が変更や廃止がなされてしまう場合もあります。この点にも注意し、長期的な投資ができる会社を選ぶことも重要です。

株式投資をする上で得られるメリットはたくさんある

先に述べた3つの利益以外にも、株式投資によって間接的に得られるメリットはたくさんあります。

株式はインフレに強い特性を持っているといわれています。現在アベノミクスにより物価上昇傾向にありますから、株式投資をすることでインフレに伴う損失を回避することができるといったメリットもあります。

最後になりますが、株式投資には確かにリスクは存在しますが、実際に投資を行なうことで決算書の読み方や様々な業界の知識が身に付くため、間接的に日常の生活や仕事に活かすこともできるのです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。