スキンシップと演出でさらにホットに

■冷えきった夫婦関係を温めるコツ3
触れ合う機会を増やしましょう。まずは視線の触れ合い。「ちゃんと会話はしています」というご夫婦でも、何かをしながら言葉を交わしているだけで、相手の目をキチンと見ていない例もよくあります。恋人時代は相手の顔をじっと見つめるだけでドキドキして幸せな気分になりましたよね?それを思い出して、ぜひしっかり相手と視線を交わしましょう。

もちろん、絡めるのは視線だけでなく指や腕も大切です。日常の中でスキンシップを増やすことを意識してみましょう。まずは「ありがとう」「すごいね」など、相手への言葉がけと同時に肩や髪、腕などに触れるようにすれば、自然な雰囲気でできます。座る際も向き合ってばかりでなく隣に座る。しかも背中や腕など一部が自然と触れるように至近距離で座ると、スキンシップもぐっと進みます。

■冷えきった夫婦関係を温めるコツ4
プチ非日常を作りましょう。ストレスの多い日常に埋没してばかりでは、夫婦愛が温まらないのも当たりまえ。ときめきやワクワクが生まれる非日常のシーンは自分たちで作り出しましょう。なにも海外旅行に行かなくても、非日常空間は作れます。もしお子さんのいる家庭なら、お子さん抜き、夫婦水入らずのお出かけを半日でいいのでしてみましょう。子供をご実家などに頼むのが難しければ、ママ友同士で助けあったり、有料の一時預かりなどを利用してもいいでしょう。

芝生のきれいな公園や海岸でアウトドアランチをしてみたり、雑誌で評判の隠れ家風の小さなレストランに行ってみたり、ドレスアップをしてミュージカルやライブを見に行ってみたり……。こんな「夫婦でデート」は、心のゆとりを生み、マンネリ化していた二人の関係をリフレッシュするよい機会になります。

放置しておけば、夫婦仲は自然と冷えていきます。でも、温め直しができるのも夫婦仲のよいところ。掌でじっくり、お湯でゆっくり、炭火でじわじわ、レンジで一気に……などなど、お二人に合った「夫婦仲の温め方」を見つけてくださいね



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。