母乳育児が成功するための正しい考え方が、「母乳育児成功のための10か条」。これは医者、助産師、保健婦など、医療提供者側が守るべき条項です。 

母乳育児成功のための10か条 (WHO・ユニセフ共同声明)

産科医療や新生児ケアにかかわるすべての施設は以下の条項を守らなければなりません。

  1. 母乳育児の基本方針を文書にして、医療スタッフに周知徹底しましょう。
  2. この方針を行うのに必要な知識・技術を、医療スタッフに訓練しましょう。
  3. 全ての妊婦に母乳育児の利点、方法についての情報を提供しましょう。
  4. 産後30分以内に授乳できるように、母親を援助しましょう。
  5. 母親に母乳育児の方法を教え、母親と赤ちゃんが離れることがさけられないばあいでも、母乳分泌を維持できる方法を教えましょう
  6. 医学的に必要でないかぎり赤ちゃんに母乳以外の栄養、水分を与えないようにしましょう。
  7. 母親と赤ちゃんが一緒にいられるように、一日中、母児同室にしましょう。
  8. 赤ちゃんが欲しがるときに欲しがるだけの授乳を勧めましょう。
  9. 母乳で育てられている赤ちゃんに人工乳首やおしゃぶりを与えない。
  10. 母乳育児を支援するグループ作りを援助し、退院時にお母さんに紹介してあげましょう。

これからお産される方へ

母乳育児成功

母乳育児成功のために

あなたがお産をする病院がどのような母乳育児支援をしているか、健診の時や、母親教室、両親教室、病院見学で聞いてみると良いと思います。あなたの熱意に理解を示してくれるかどうかも、病院選びのポイントになります。お母さんの追求が厳しいと、先生や助産師さんも まいってしまいますので、お手柔らかにね。


母乳育児の大切さは、日本全国、どの先生、助産師もちゃんと理解をしています。確かに熱意に違いはあると思いますが、施設やスタッフ、地域の実情、お母さん方の意識などの要素が絡んで、現状に落ち着いているのです。

大きな声では言えませんが、スタッフやお母さん方の意識が高い(高すぎる)と、乳腺炎などのトラブルが多い印象があります。日本の母乳育児の現状と、その理由については後日、別の記事で紹介したいと思います。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。