母乳で育てたいという場合でも、哺乳瓶は必要

母乳で育てたいという場合でも、哺乳瓶は必要

まずは、哺乳瓶と洗浄・消毒器具類は必ず用意しましょう。他は、産後に母乳とミルクの兼ね合いを見ながら、買い足していけばよいでしょう。

母乳で育てたいという方も、哺乳瓶は白湯や麦茶を飲ませるのに使うことがあります。母乳希望の方にはおっぱいクリームもおすすめです。


 

哺乳瓶

必要数:中・小各1本
必要度:◎
哺乳瓶はミルク以外にもお白湯を飲ませる時にも必要です。最初は小さい160ミリサイズの瓶で十分です。本数はまずは1~2本用意し、様子を見て必要なら買い足すようにしましょう。素材はガラスとプラスチックがありますが、傷が付きにくく衛生的なガラスを家用に、お出かけ用に軽いプラスチックを1本づつ用意すると良いでしょう。

調乳ポット・哺乳瓶ケース

必要数:1個
必要度:△
調乳するのにちょうど良い温度を保つポット。出産後様子を見て、ミルクのみになるようなら必須。
 

粉ミルク

必要数:1缶
必要度:△
試供品を病院でもらえることもあるので、まずは買わずに様子を見て、退院後、必要になったら買いに行きましょう。
 

ミルクスケール

必要数:1本
必要度:△
粉ミルクの量をすりきりで量ることができるスプーン。様子を見て、必要なら買いましょう。
 

ミルカー

必要数:1個
必要度:△
粉ミルクを調乳1回分ずつ計量して、小分けにできるケース。様子を見て、必要なら買いましょう。
 

哺乳瓶ケース

必要数:1個
必要度:○
外出時で授乳する際に、ガラスの哺乳瓶は割れる可能性もあるので、ケースに入れると安心です。
 

哺乳瓶洗浄ブラシ

必要数:1個
必要度:◎
スポンジとナイロンタイプがありますが、哺乳瓶をガラスとプラスチックス両方買う場合は、傷が付きにくいスポンジタイプを選んでください。乳首用ブラシとセットの商品もあります。
 

乳首専用ブラシ

必要数:1個
必要度:◎
ミルクのカスが乳首の先の穴に詰まりがちなので、乳首ブラシは必須! 哺乳瓶専用の商品を選んでください。
 

哺乳瓶消毒&保存ケース

必要数:1個
必要度:◎
哺乳瓶の保存や、持ち運びにも使えます。コストがかからず手軽な電子レンジで消毒するタイプが良いです。
 

哺乳瓶洗剤

必要数:1個
必要度:◎
粉ミルクのカス等は水だけでは取れないので、洗剤も必要です。純石けん分のみの成分の商品が赤ちゃんに一番優しくておススメです。
 

授乳服

必要数:3~4枚
必要度:○
授乳口が自然な形で開くので授乳しやすく、ママのお腹も冷えません。授乳スカーフがあれば、授乳服はなくても大丈夫。
 

授乳スカーフ

必要数:1枚
必要度:○
持ち歩いてもかさばらず、外出時に使えて便利。

搾乳器

必要数:1個
必要度:△
電動・手動といろいろなタイプがあります。産後、母乳の出具合をみてからでOK。

母乳パッド

必要数:1箱
必要度:△
母乳がよほど出る方以外は使いませんので、入院時はタオルで代用できます。入院中に様子を見て、必要そうなら退院時に薬局等で買い足すのが良いと思います。過去に生理用ナプキンなどでかぶれた経験がある、敏感肌ということでしたら、布タイプを選んでください。

授乳クッション

必要数:1個
必要度:○
授乳の時にあるとママの手首や腕が疲れにくいので、あると便利です。妊娠中もソファーに座る時に腰に巻くと楽です。ただ、授乳の姿勢によっては要らない人もいるので、様子を見て必要なら買い足すと良いでしょう。
 

ドーナツ(円座)クッション

必要数:1個
必要度:○
出産時に会陰を切ったり裂けたりすると、そのまま座ることが痛くて辛いので、これがあると便利です。ただ、人によるので、様子を見て必要なら買い足すと良いでしょう。

おっぱいクリーム

必要数:1個
必要度:○
赤ちゃんがおっぱいを吸うことで油分が取られ、乳頭が切れて出血するのを予防します。おっぱいマッサージの時はもちろん赤ちゃんのちょっと乾燥した所にも塗れますのであると、便利です。馬油がオススメです。赤ちゃんのおむつかぶれにも使えます。