衿は衿幅にあわせて折りたたむ

長襦袢の衿は広衿、撥(ばち)衿、棒衿、通し衿と色々な衿の形がありますが、衿によってたたみ方も変るとシワなくキレイにたためます。

■たたみ方の例
広衿の長襦袢

広衿の長襦袢

広衿は、先に背中側を中に折り込んでから前を合わせる。

 
撥(ばち)衿の長襦袢

撥(ばち)衿の長襦袢

撥(ばち)衿、棒衿、通し衿はそのまま前を合わせれば良い。

 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。