検査薬の精度は99%以上! でも、こんな場合は……

妊娠検査薬
99%以上の精度を誇る妊娠検査薬。でも、こんなケースでは陰性になることも……
前ページで紹介したとおり、妊娠検査薬は尿中にhCG(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)が含まれているかどうかを判定するものです。その精度は99%以上といわれ、検査薬で陽性反応があった場合はほとんどが妊娠していると考えられます。

ですが、ホルモン剤の投与や不妊治療中などはhCG擬似物質が分泌される場合もありますので、まれに妊娠していなくても陽性反応が出る場合があります。また、生理の周期が不規則な場合や異常妊娠(子宮外妊娠など)では、妊娠していても結果が陰性という場合もありますので、100%ということではありません。

検査薬の使用で最も注意する点は、「検査薬の結果だけで妊娠の有無を判断しない」ということ。陽性反応が出ればかなりの確率で妊娠しているということになりますが、現在が妊娠何週目なのかといった詳しいことまでがわかるわけではありません。できるだけ早く医師の診断を受けるよう心がけましょう。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。