「家でゆっくり」が急増中の夏休み、出かけるなら安近短!

国営公園
大自然を満喫できる安近短の国内レジャーって?!
今年の夏休みは、ガソリン価格高騰のあおりをうけて「自宅でゆっくり」する人々が急増中。原油高による製品値上げが相次いだせいで消費者心理はすっかり冷え込み、海外など遠方への旅行予定者は大幅に減少しているといわれています。

そうはいっても子供たちにとって「お出かけなしの夏休み」ほど寂しいものはありません。なんとか予算をやりくりして出かけようと考えると「安・近・短(安くて近くて日帰りできるところ)」は欠かせないキーワードになりますよね。そこでガイドがおすすめするのは、国内で日帰りの大自然満喫レジャー、全国16ヶ所の国営公園です!

安くて、近くて、日帰りできる! 国営公園がおすすめ!!

日本全国に市区町村が管理する公園は無数にありますが、国家的記念事業や広域的な見地などから設置するものについては、「国営公園」として国(国土交通省)が整備、管理を行っています。国営というだけあってスケールは桁違い。広大な敷地面積にレジャー施設や夏休みイベントもたくさんあって、まさに「安・近・短」な日帰りレジャーにおすすめです。

北は北海道から南は沖縄まで、全国16ヶ所の国営公園ではファミリーに嬉しいイベントを随時開催中。夏休み期間おのイベント情報や開園時間、入園料・駐車料金等を整理してみましたので、ぜひチェックしてみて下さい!





<お知らせ>