世界でひとつ!オリジナル鬼のお面を作る

鬼のお面
不要な部分を切り落とす
不要な部分を切り落とす
はさみやカッターで不要な部分を切り落とし、すっぽりかぶれる箱を作ります。

鬼のお面
カラー包装紙でラッピング
カラー包装紙でラッピング
赤、青、黄色など、カラー包装紙でラッピングします。箱と包装紙の間に隙間ができないように、ノリを使ってピッタリとラッピングしましょう!

鬼のお面
顔の作成1 目をつける
顔の作成1 目を付ける
白い紙を好きな大きさ、形に切り抜き、目を付けます。

鬼のお面
顔の作成2 口をくり貫く
顔の作成2 口をくり貫く
カッターで口をくり貫きます。かぶったときに内側から良く見えるように、大きくくり貫きましょう。

鬼のお面
顔の作成3 牙を付ける
顔の作成3 牙を付ける
白い紙で牙を作り、箱の内側から貼り付けます。

鬼のお面
顔の作成4 ツノを付ける
顔の作成4 ツノを付ける
紙コップなどにカラー包装紙の余り部分を巻きつけ、角を作ります。紙コップ意外にトイレットペーパーの芯やペットボトルなどでを代用しても作れますね。

鬼のお面
顔の作成5 髪を付ける
顔の作成5 髪を作る
色の違う包装紙で輪を数個作り、髪を作ります。

鬼のお面
“すっぽりかぶる”鬼のお面 完成!
髪を付けて、鬼のお面の完成です!
先ほどの輪をまとめて貼り付けて、完成です!

ボクんちだけの特別なお面!
このワクワク感が伝統行事「節分」を盛り上げます!

鬼のお面
ボクんちだけ!が伝統行事「節分」を盛り上げます!
以上で“すっぽりかぶる”タイプのお面の完成!所要時間わずか30分程度で、我が家だけの鬼のオリジナルなお面が作れるので、ぜひ作ってみてはいかがでしょうか?

子供たちにとっては、クリスマスや年末年始のイベントと比較すると、どうしても盛り上がりに欠けてしまう節分ですが、「今年1年をより良い年にするために、前年の邪気を祓う」という意味の込められた伝統的な行事の一つです。そんな伝統行事を盛り上げるには、「こんなお面、ボクんちだけ!」というワクワク感が必要ですよね。パパの盛り上げ方次第で、豆をまく子供たちの手にも、きっと力が入ることでしょう!



トップページへ戻る

<おすすめINDEX>
今日から実践!仕事と家庭の両立>>子どもと一緒に遊ぶ
<関連記事>
節分に恵方巻きって、手巻き寿司じゃダメ? [男の子育て]
忙しいママに推薦!恵方巻きの作り方 [食育]
<お知らせ>
All About[男の子育て]無料ガイドメールマガジンのご登録はこちらへ!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。