公園シーズン到来です!

公園デビュー。夫にできることって何でしょうか?何もできないなんてことはありません
寒かった冬も終わり、子どもを連れて外へ散歩に出るには絶好のシーズン到来です。冬の間、家に閉じこもりがちだった子どもにとって、外遊びはとっても大切。太陽の日差しを浴びて遊ぶことで丈夫に育ち、子どもの集まる公園でお友達ができ、親以外の人たちとの出会いや関わりを通じて、社会生活のルールやマナーを学んでいきます。

母親にとっても、外に出るのはとてもいい気分転換になります。公園などで同じ年頃の子どもを育てる母親同士が知り合い、日頃から疑問に感じている育児の悩みを相談できたり、いろいろな情報交換ができれば、気分的にもずっと楽になることでしょう。

「じゃあ、明日にでも公園に行ってみようか!」という話しになりますが、実はこの「公園デビュー」は母親たちにとっては悩みのタネでもあるのです。ご存知かもしれませんが……。

公園デビューに不安を感じる母親たち

少し以前に「公園デビュー」という言葉がマスコミで取り上げられ、母親たちの間で流行しました。

「何それ、公園くらいで悩むなよ」と思う男性も多いと思いますが、それまでは子どもと1対1で接することが圧倒的に多かった母親が、「子どもがうまくなじめなかったらどうしよう……。孤立してしまったらどうしよう……」と考えて心配になったり、「お母さん同士のグループに、なんとなく入っていきづらい」など、心配のタネが尽きることはないとも。

先輩ママの経験談などからは、「あまり気にするべきではない」という意見も多く寄せられていますが、公園という小さな社会の中で、母子ともに新しい人間関係がスタートするので、多少なりとも緊張するのは自然なこと。このような不安や緊張を取り除くためにも、「公園デビューは夫も一緒に!」というのが、ガイドからの提案です。

公園デビューは夫も一緒に!

夫も「公園デビュー」で一緒ということであれば、妻が人間関係を過敏に心配することもありません。グループに入っていかなくとも、夫がいるわけですから、孤立感も感じません。いかがでしょう?

子どもは公園の目に映るいろいろなものに興味を示し、体を動かして遊ぶことでお腹も空き、適度に疲れ、夜もぐっすりと眠れます。また、育児ストレスがたまりがちな母親にとっても、夫が考える以上に心身をリフレッシュするいい機会となります。

そもそも公園は誰もが自由に使える場所なのですから、あまり人目を気にせずに、公共の場でのマナーやルールを守りながら、自分たちのペースでのびのびと遊びましょう。家族で公園を楽しむうちに、偶然に居合わせた子ども同士が遊び出したり、お母さん同士の会話が始まり、「また来ようね!」となれば、その後の公園がより楽しい空間になることは間違いありません。

妻や子どもが、公園という新しい社会へと歩き出す第一歩。夫がリーダーシップを発揮することによって、そのハードルは、ぐっと低くなるでしょう。これからの季節、天気のいい休日には、夫が積極的に妻と子どもを公園や散歩へ連れ出してみる。女性からしてみればちょっと甘い考えかもしれませんが、そんな休日、ただ単純に素敵じゃないですか!


トップページへ戻る

<関連記事>
ママどうしの人間関係は難しい? 園内、親同士の付合いという呪縛

<関連リンク>
公園で親子で思い切り遊ぼう!
<お知らせ>
All About[男の子育て]無料ガイドメールマガジンのご登録はこちらへ!



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。