全児童対象の施設ではどうなる?

学童保育と全児童対象の放課後対策事業が一緒になっているところでも、春休みの保育は行われます。そういった施設では、春休み中の方が、むしろ人数は少ないかもしれません。

また、児童館と併設している学童保育もあります。そういった施設では、児童館に遊びに来る子と学童に遊びに来る子のルールが違う場合などがあり(ゲーム持参OKかどうかなど)、より厳しいルールを課せられた子(多くは学童保育の子)たちから不満の声があがることもあります。事前に、その学童のルールをきちんと知って、子どもにも伝えておきたいものです。

幼稚園・保育園には同じような環境の子たちが多く、ある意味、守られた場所でしたが、小学校にあがるとそうはいかなくなります。でも、子どもたちにとっては逆に社会のルールを学ぶ場所にもなってきます。「4月1日ショック」はすぐに乗り越えられます。1年後にはきっとたくましい小学生に成長していますよ!

<関連記事>
「学童保育」ってどういうところ?

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。