ベビー服のサイズは身長と体重をもとにジャストサイズを着せて

ベビー服のサイズは難しい

ベビー服のサイズは難しい

ベビー服のサイズはわかりにくく、どのサイズを選べばいいのか悩むことが多いと思います。また、国内のベビー服と海外のものとではサイズ表記が異なり、さらに迷ってしまうかもしれません。基本的に、ベビー服はジャストサイズを着せます。国内・海外ブランドどちらの場合でも、赤ちゃんの身長と体重を考慮してサイズを選びます。
   

ベビー服サイズの選び方

平均的な赤ちゃんは約50cmで生まれて、1年間に25cm程度身長が伸びます。体重は、約3倍に増えると言われています。ベビー服を選ぶときは、月齢だけではなく、身長や体重にあわせて、大きめサイズではなく赤ちゃんにぴったりなサイズを選びましょう。サイズが合っていないベビー服は、赤ちゃんの動きの妨げになる場合があるので注意が必要です。
 

ベビー服のサイズ(国内)

ベビー服は身長を基準にしたサイズ展開

ベビー服のサイズ展開は、身長が基準になっている

日本のベビー服は身長を基準にしたサイズ展開で、「50」「60」「70」「80」などとサイズ表記されています。ブランドによってサイズ展開は異なるものの、5cmもしくは10cm刻みとなっている場合がほとんどです。

赤ちゃんの成長には個人差があるので、月齢が6ヶ月だからサイズ70のベビー服を着せなければならないということはありません。必ず身長・体重を考慮したうえで適切なサイズを選びましょう。 

 

ベビー服サイズの目安(国内)

※赤ちゃんの成長には個人差があるので、月齢が6ヶ月だからサイズ70のベビー服を着せなければならないということはありません。必ず身長・体重を考慮したうえで適切なサイズを選びましょう。

輸入ベビー服のサイズ(アメリカ)

輸入ベビー服は細身に見えるが、体にフィットするサイズを着せるのが大切

輸入ベビー服は細身に見えるが、体にフィットさせて着る

アメリカやヨーロッパの輸入ベビー服は国内ブランドと異なり、身長ではなく赤ちゃんの月齢「3m」「6m」「12m」「18m」などと表記されているものが主流(※)。

アメリカやヨーロッパの欧米諸国では、体にフィットさせて着させると、赤ちゃんが体を動かしやすいため、一見細身のシルエットのベビー肌着やベビー服が多いです。また、これらは吸汗性を高めるという考え方もあります。細身には見えるが、どのブランドも伸縮性の高い素材を使用しているため、赤ちゃんが着られないという心配はありません。

またブランドによって異なりますが、一般的に輸入のベビー服は国内のものと比べるとパンツの丈が長いことがあります。少し折って使用する必要がある場合もあります。

赤ちゃんの成長には個人差があるので、月齢が6ヶ月だからサイズ6mのベビー服を着せなければならないということはありません。必ず身長・体重を考慮したうえで適切なサイズを選びましょう。
 
輸入ベビー服サイズの目安(アメリカ)

 ※ 「m」=「months(月齢)」  ※ アメリカの場合、「months(月齢)」「m」や「mos」と表記されている場合があります。一部のフランスのブランドでは「mois」と表記されています。全て同義語です。  ※ 赤ちゃんの成長には個人差があるので、月齢が6ヶ月だからサイズ6mのベビー服を着せなければならないということはありません。必ず身長・体重を考慮したうえで適切なサイズをお選びください。

※ 「m」=「months(月齢)」。アメリカのベビー服は「months(月齢)」「m」や「mos」と表記されているものもあります。一部のフランスのブランドでは「mois」と表記されています。全て同義語です。 

輸入ベビー服のサイズ(ヨーロッパ)

ヨーロッパの一部のブランドでは、国内ブランド同様身長(cm)でサイズ表記されている場合があります。  

繰り返しになりますが、赤ちゃんの成長には個人差があるので、月齢が6ヶ月だから62サイズのベビー服を着せなければならないということはありません。必ず身長・体重を考慮したうえで適切なサイズを選びましょう。
 
輸入ベビー服サイズの目安(ヨーロッパ)

※赤ちゃんの成長には個人差があるので、月齢が6ヶ月だからサイズ70のベビー服を着せなければならないということはありません。必ず身長・体重を考慮したうえで適切なサイズを選びましょう。

<生まれた季節によって違う ベビー服の選び方>
春生まれの出産準備ベビー服
夏生まれの出産準備ベビー服
秋生まれの出産準備ベビー服
冬生まれの出産準備ベビー服

<おすすめベビー服>
オーガニックコットンのベビー服
人気の定番ベビー服ブランド
出産祝いに人気おすすめベビー服ブランド

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。