オール電化住宅「BEAM」。気になるランニングコストは?

キャプション

屋外に設置されたエコキュート。実は垣根と建物の隙間をふさぐ役割も果たしています(笑)

「BEAM」で採用している給湯機はエコキュート。割安な夜間の電気を使い、熱効率の良いヒートポンプで沸かしたお湯を、お風呂やキッチンだけでなく、温水式床暖房にも使う計画です。それでは、実際のランニングコストはどうでしょうか?

Aさんによれば、真冬は3万円前後になる月もあるが、一年を通じての平均的な電気代は1万円台とのこと(もちろんオール電化住宅なので、この金額には給湯だけでなく、IHクッキングヒーターや照明、AV機器などの電気代も、全て含まれています)。


Aさんが以前住んでいた家に比べて、面積は広くなったのに光熱費は安くなったそうですが、以前ご紹介した「テレスコープハウス」に比較すると、ランニングコストはちょっと高め。Aさんに話を伺っていると、その理由はどうも生活スタイルと温水式床暖房の関係にありそうです。

現在のAさんの生活スタイルは、昼間も家族が家にいるケースが多く、2階のLDKは一日のかなり長い時間、高めの温度で床暖房を運転しているそう。エコキュートのタンクは大きなものを使っているのですが、床暖房面積が大きいために、真冬には夜間だけでなく、昼間にもエコキュートの運転が必要になるケースが多いようなのです。

こうなった場合、夜間と比べて割高な昼間の電気を使ってしまうため、エコキュートでも結構電気代がかさみます。Aさんは最近、真冬は就寝時刻の数時間前に1階のエアコンで暖房を始め、2階の温水式床暖房は停めてしまうのだそうです。このことで、寝室を予熱するのと同時に、1階の暖かさを2階の床暖房替わりにする一石二鳥の効果があるのです。オール電化住宅ならではの、一種の「生活の知恵」ですね。



設備計画は住み手のライフスタイルに合わせて。

Aさんの家「BEAM」も、今後ライフスタイルが変わって、現在ほど温水床暖房を使わなくなれば、真冬のランニングコストはかなり抑えられることでしょう。その一方で、もう少し違う設備計画があったかもしれない、というのが、設計した私たちの反省点でもあります。

キャプション

Aさん宅の2階は、居間と食堂がつながった広い空間。昼間もずっと床暖房を使うライフスタイルなら、設計次第でよりコストを抑えることができそうです。

例えば、床暖房面積が広く、使用時間も長い家の場合、床暖房機能付きのエコキュートを使うよりも、専用のヒートポンプで床暖房に適した温度のお湯を作った方が効率的なようです。また、家の断熱性をさらに高めて、より少ないエネルギーで暖まるようにする、という考え方もあるかもしれません。住み始めて数年経った家にお邪魔して、実際の使い勝手やランニングコストを伺うのは、私たち設計者にとっても今後につながる大変良い経験になりました。

家の新築は多くの方にとって、一生に一度あるかないかの大きなイベント。自分たちのライフスタイルを見つめ直す良い機会でもあります。皆さんも是非、新築やリフォームを検討される場合には、特に暖房は使い方や設備により、世帯ごとの差が大きくなりやすいので、冬にどのくらいの広さの部屋を、どのくらいの時間暖かくしたいのか、など、じっくりと考えてみて下さい。


Aさんの始めたクレープ屋さん、そのお味は??

キャプション

奥様のクレープ屋さんにて。

Aさんへのインタビューを終えた私たち。せっかくお邪魔したのだから、肝心のクレープ屋さんを見なければ!と、この日の営業場所になっている、近くのショッピングセンターに移動しました。
ショッピングセンターに入ると・・可愛らしいワゴンに赤いのぼりが立って「クレープ」の文字。Aさんのお店、「サニーズ甲府店」です!

ワゴンの中ではAさんの奥様が、慣れた手つきで楽しそうにクレープを焼いています。できあがったクレープは、ボリュームがあって、見るからにふんわりと美味しそう。そのお味は・・??食べている私たちの顔を見れば、きっと分かってもらえますね。
その日によって、お店がどこで営業しているかは、ホームページでチェックできます。近くの方は、是非行ってみて下さいね!






■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。