試験当日に結果は半分出ている

学力検査と内申は次のように計算されます。

・国語、社会、数学、理科、英語 各教科40点×5教科=200点
・報告書(内申)国語、社会、数学、理科、英語 各教科5点×5教科×3学年分=75点
・報告書(内申)音楽、美術、保健体育、技術家庭 各教科5点×絶対評価の評定を2倍×3学年分=120点

合計395点、そのうち内申が195点を占めます。そう、合否は試験当日には半分はついているのです。副教科も含め、日常の学習が大切だと言えるでしょう。

京都府高校受験動向 >>

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。