約6割が男性の大阪市西成区

大阪府から。まずは下の表をご覧ください。
undefined

 

まず目に入るのは西成区の男性の多さ、約6割が男性です!前ページやこれから紹介する表をみてもらえればわかりますが、男性人口比って50%超えているだ けでも相当な「男性上位」といえます。この59.4%というのは凄まじい数です。浪速区の52.0%がかすんで見えます。

西成区と浪速区は南北に隣り合う区(北が浪速区)で、大阪市内中心部からやや南よりの商住工混在地。世帯あたりの人数を見てもわかるように単身世帯が多いエリアです。

対照的なのが女性の多い行政区。阿倍野区・天王寺区は女性比率の多い行政区の2位3位で、南北に隣接(北が天王寺区)しています。両区の西隣が西成区・天王寺区。女性比率の高い区と男性比率の高い区が隣あっている事になります。

男性比率は播州方面、女性比率では芦屋市

続いては兵庫県。まずは下の表をご覧ください。

undefined

 

男性比率の高い行政エリアはすべて播州方面。しかも明石市と姫路市に挟まれた隣接エリアです。大阪で男性比率の高かった西成区・浪速区が世帯あたり人数が1人台であったのに対して、こちらは世帯あたり人数が多め。同じ「男性が多い街」であっても内容が少し異なります。

女性が多いのはTOPが芦屋市。2位3位が神戸市須磨区と長田区。上位は全て神戸・阪神間です。

大阪市西成区のインパクトのある結果はなかったですね。でもこれで終わりではありませんよ。次のページでは京都府に隠された驚愕の事実を紹介します!