結婚前のお金の使い方をチェック 

結婚後の家計管理は大切です。かといって、誰もが同じ方法でやればよいというものでもありません。
夫婦 家計管理

結婚後のお金管理のポイントは? ベストな方法は、2人の性格によって変わってきます。


ここで、それぞれの家計管理のベストな方法を、結婚前のお金との付き合い方をもとに考えてみましょう。
 

結婚前の貯蓄が充分な人は……家計の仕切り役に!

結婚前の貯蓄が充分にあった人や目標を決めて貯めてこられた人は、「マネー管理バッチリさん」です。結婚後の家計管理も問題ないでしょう。ただし、結婚後は2人のお金となります。相手のお金の使い方によっては、うまくいかないことがあるかもしれません。

自分が中心となって、2人の家計を仕切れば安心。相手が使うお金は、お小遣い制などにしてみてはいかがでしょうか。2人とも「マネー管理バッチリさん」であれば、2人で将来のことを話し合っておきましょう。意識のズレをなくしておけば、今後の家計管理はさらに安心です。
 

結婚前の貯蓄が少ない人は……目標管理方式で管理!

結婚前に思ったほど貯蓄ができなかった「貯まらないさん」は、結婚後はお金との関わり方を変えたいところ。相手が「マネー管理バッチリさん」なら、相手に任せておけば安心です。

相手が「マネー管理バッチリさん」でない場合、自分で家計管理をしましょう。今までの貯まらない体質を脱却しなくてはいけません。そこで使いたいのが、目標管理法。「何のために、いつまでに、いくら貯める」と決めるのです。

2人で話し合って将来の子どものため、マイホームのためなど、具体的に決めるといいですね。月に一度は反省会を。「貯まらないさん」も、2人の力で貯まる家計になることでしょう。
 

結婚前の貯蓄ゼロの人は……仕組みで管理!

まず、クレジットカードなどの利用をストップし、借金を残さない習慣を作りましょう。そして、1カ月に自由に使えるお金を決めます。2人とも「借金ありさん」の場合、結婚生活スタートと同時に手元にあるお金で、やり繰りすることを覚えましょう。まずは、黒字家計を目指せばいいですね。

2人の性格(お金のつきあい方)をよく把握して、自分達オリジナルの家計管理スタイルを見つけてください。

【関連記事をチェック!】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。