スイスにあるホテルの種類

スイスには、ホテルのある場所や滞在の目的や好みに応じて、さまざまな種類のホテルがあります。

■チューリッヒなど町のホテル
主にビジネスマンと観光客が利用。1~2泊の短期滞在客が中心。

■アルプスなど山の観光地のホテル
「シャレースタイル」と呼ばれる木造りの山荘風のホテルが中心。毎年同じホテルで休暇を過ごす地元スイスやヨーロッパの滞在客も多い。3泊~1週間など、比較的長期滞在客も多い傾向。

■山岳ホテル

アルプスの展望台や登山電車の駅付近にあるホテル。日本人観光客にも人気上昇中。

■デザインホテル
有名アーティストが手がけたスタイリッシュなホテル。チューリヒやルツェルンなど、現在スイスに数ヶ所あり。

■ウェルネスホテル
本格的なウェルネス設備を整えたホテル。充実したスパやビューティーセンターが、高級ホテルの中に続々とオープン。

スイスホテルのレベルは星の数でどれだけ違う?

ローザンヌの最高級クラスのホテル「ボーリバージュ・パレス」 (C)Beau-Rivage Place Lausanne

ローザンヌの最高級クラスのホテル「ボーリバージュ・パレス」 (C)Beau-Rivage Place Lausanne

現在スイスにあるホテルの数は、約5600軒。星の数によって等級が分けられていて、数が多くなるほど設備やサービスが良くなり、料金も高くなります。

ホテルの等級を決めているのは、ベルンに本部を置くスイスホテル協会。加盟ホテルは現在約2400軒にのぼります。近年は3~5つ星のホテルで、特に優れているものには王冠のマークが付き、さらに細分化が図られています。 
  • 1つ星:必要最小限の設備とサービス。ほとんどが共同シャワー。
  • 2つ星:エコノミークラス。設備は簡素だが、快適に泊まれるホテルも多い。
  • 3つ星:中級クラス。ホテルの軒数がこのクラスが一番多く、同じ3星でもホテルによってかなり差がある。
  • 4つ星:高級クラス。ハネムーナーにぴったり。
  • 5つ星:最高級クラス。設備、サービスとも申し分ない。
ただし星の数はあくまで目安で、個人的な主観や同じホテルでも部屋のタイプによって大きく異なります。「ここの3つ星ホテルは、あの町で泊まった4つ星ホテルより良かった」といったことも珍しくありません。

 

プール付きのホテルに泊まる場合は、冬でも水着を持って行こう

プール付きのホテルに泊まる場合は、冬でも水着を持って行こう

日本の旅行者が良く利用するのが3つ星クラスと4つ星クラス。 4星クラスのホテルの場合、プールやサウナなど付帯設備も充実してきます。「今日は天気が悪いので、ホテルでのんびり過ごそう」といった過ごし方もできるわけですね。

スイスでは1つ星や2つ星のホテルでも、どこも清潔。ホテルのランクが低くくても、治安が急に悪くなるといったこともありません。

団体ツアーの場合、通常パンフレットなどに「Aクラス」や「Bグレード」などの表記で区等級が分かれています。これは各社独自の基準に基づくもので、スイスホテル協会の等級とは直接の関係はありません。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。