最難関大学進学とその先を見つめる

奈良県随一の進学実績を誇る西大和学園高校では、中高一貫の6年間教育課程に加え、高校から男女共学の特別編入コース(100名/1学年)を募集している。編入生には週1回の数学補習や長期休みに補習授業を実施し、2年生から内部進級クラスと合流。目標達成に向けた学力アップを目指している。

毎年、東京大学、京都大学などに数多くの入学者を出しているが、将来社会人として第一線に立ったときのことを見据え、長いスパンで教育を考えている。リーダーシップを存分に発揮し、社会をリードすることができる人間に成長するためには、多種多様な教育を通じて「本物の体験」を積むことだと考えている同校。今年もSSHを体験した多くの卒業生が、「面白い学問が見つかった」「大学・大学院での研究にやりがいを感じた」などのメッセージを伝えてくれたとのこと。このような先輩に続きたいと熱望する生徒には最適な最難関私立共学校である。

西大和学園高校の大学進学実績

2010年度の主な実績としては、国公立大では東大22名、京大83名、大阪大22名、神戸大42名など。私立では、早稲田31名、慶應27名、同志社90名、立命館105名、関西学院32名、関西40名などとなっている。

西大和学園高校の入試傾向

入試科目は国・数・英・理・社。国・数・英は各60分で各100点、理・社は各50分で各80点の460点満点。面接はない。専願は60%、併願は66%以上くらいが合格最低点ラインとなっている。

西大和学園高校の学費(2010年度)

  • 入学金 250000円
  • 授業料 300000円(年額)
  • 教育充実費 230000円(年額)
  • 教育諸経費 123000円(年額)
  • 諸会費  19200円(年額)
  • 初年度年間納入費用 922200円
なお、制服、制定品などは別途費用が必要。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。